対人関係

否定されるのが怖い人が最初にやるべきことは、○○と△△を分けること

sponsored

否定されるのが怖い人は、あなたが思っているよりも多いものだというのが
私の経験による印象です。
だから、コミュニケーションで悩んでいる人も多いんですね。
相手に否定されない話し方はどうしたらいいか。
あるいは、相手から否定されても反発したり、
感情的になったりせずに話ができるようになるために、
最初にやるべきことを紹介します。

否定されるのが怖い人は「事実」と「解釈」を分けることから始めよう

否定される人に限らず、コミュニケーションがうまくいかない理由は、
事実と解釈がごちゃまぜになった話のやりとりになっているからです。

なので、結論を言うと、事実と解釈を分けて、
事実ベースで話をすることができるようになると、
必要以上に傷ついたり、恐れたりすることがなくなりますよ。

なぜなら、事実ベースで話をすると、相手も自分も否定しないコミュニケーションが
できるようになるからです。
事実に基づいて話をしているだけなので、相手も自分も話を受け止めやすくなります。
記事:否定されるのが怖い人は相手の言葉を「単なる○○」として受け止めよう
でも解説しましたが、相手の話を解釈すると、
事実やあるがままの現実が見えなくなってしまうんですね。

相手の話を事実と解釈に分けると?

具体的な事例を共有します。私は、以前に、ある人から
「あなたは、人に対する興味がないよね。」と言われたことがあります。
私は「何?この人。酷いことを言う人だな。」と思い、ムッとしてしまいました。

私は、当時、心理学の勉強をしていたので、自分が人に興味がないなどとは
思っていなかったので、相手から言われたことが許せなかったんですね。

しかし、この話を事実と解釈にわけると、どうなるでしょうか?

  • [事実]相手が「あなたは、人に対する興味がないよね。」と言った。
  • [解釈]私が「この人は、酷いことを言う人だ。
    (私は、ちゃんと人に対する興味を持っている)」と思ったこと。

きっとこんな感じになると思います。

否定されるのが怖い私であれば、解釈の方に意識が引っ張られて、
相手に対して反発的になったり、自分が傷ついたりしてしまいます。

しかし、事実の方に意識を向けてみると、「相手は~と言った。」としか
分からないことになりますよね。
相手が、何の意図で、どういう意味で、そう言ったのかは分かりません。

事実に対して事実で話を返してみると?

だから、事実に対しては事実で返すようにします。

  • [相手]「あなたは、人に対する興味がないよね。」
  • [私]「私には、〇〇さんとか、△△さんとか、□□の人たちがいるよ。」
  • [相手]「たったそれだけしかいないでしょ。」
  • [私]「友達って具体的にどのくらい必要だと思うの?」

このように、事実に対して事実ベースで返していくと、
傷つくことも恐れることもありません。
事実がわからない場合は具体的な質問で返すことによって、
相手の意図を明らかにしていきます。

相手の意図が明らかになってくると、「あぁ、なるほど。そういうことが言いたかったのね。」
と思えるようになってきます。

sponsored

自分の考えや気持ちを肯定的な形で伝える

さて、もう少しコミュニケーションの難易度を上げましょう。
事実に対して事実で返すだけでは、どこか冷たい機械的な印象に聞こえてしまいますので、
今度は、自分の考えや気持ちを入れていきましょう。

[相手]「友達はたくさんいた方が良いに決まってるじゃん。私は常に20人以上の人と付き合えるくらいじゃないとダメだと思うよ。人数だけじゃなくて、いろんな分野の人たちと仲良くしていないと世界も狭くなってしまうよ。」

[私]「そうなんだ。確かにそういうこともあるよね。私の場合は大丈夫だよ。今の交友関係で困っていないし十分だよ。付き合いが深い分、結構良い感じだよ。」

気持ちを入れる場合は、まず相手の話を否定せずに受け止めます。
相手の考えを尊重する気持ちで感謝の言葉を入れると効果的です。
その上で、自分の考えや気持ちを肯定的な形で伝えると良いですね。

やっぱり内心でムッとしてしまう人は考えと気持ちをスッキリさせてから

そうは言っても、相手の言葉に対して、内心で「何を~!」と
ムッとしたくなる人もいると思います。
ただ、そこで反発したり、相手を否定するようなことを言ってしまったりすると、
こちらも否定されることになってしまうので、自分の話を否定されたくなければ、
相手の話も否定しないようにするのがおすすめです。

もし、相手の言葉が否定的に感じられてムッとしてしまうようであれば、
記事:否定されるのが怖い気持ちを解消するためには〇〇から自由になること
紹介しているように、まずは自分の考えと気持ちをスッキリさせてからにしましょう。

まとめ

以上のように、否定されるのが怖い人は、コミュニケーションするときに、
まず事実と解釈を分けて話を受けたり、話をするようにしたりします。
その上で、自分の考えや気持ちを伝えるために、相手の話を否定せずに受け止め、
感謝を添えて、相手の考えや気持ちを尊重します。
その上で、自分の考えや気持ちを肯定的な形で伝えるようにしましょう。

sponsored

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 対人関係

    上司へのストレス「認めてくれない」対処方法は?
  2. お金

    お金の意味を理解して上手に付き合おう!〜稼ぎたいストレスを抱える人へ
  3. 知識・知恵

    ストレスをためないコツや方法は?心穏やかな考え方や生き方とは?
  4. 対人関係

    「聞いてない!」と上司に怒られる時、上司はあなたを恐れている
  5. 仕事・職場

    「毎日同じことの繰り返し」という自動思考の落とし穴から抜け出すには?
PAGE TOP