対人関係

否定されるのが怖い気持ちを解消するためには〇〇から自由になること

スポンサーリンク

否定されるのが怖い気持ちは、私たちに痛みや苦しみをもたらします。
だから、私たちは否定されないように生きるのですが、完璧にできる人はいませんし、
そんなことは不可能ですよね。
であれば、否定されることを恐れる気持ちを解消する方が現実的です。
では、どうすればいいかについて紹介していきます。

否定されるのが怖い気持ちの背後にある考えを見つけて、考えをよく理解する

結論から言うと、否定されるのが怖い気持ちを解消するためには、
否定されるのが怖い気持ちの背後にある考えを見つけて、
考えをよく理解するのがおすすめです。

否定されるのが怖い理由(考え)を明らかにし、その考えについての真実を理解すると、
否定されるのが怖い状態から解放されることができるんです。

現実が自分の考えを相入れないと、起きた現実に対して強く抵抗する

記事:否定されるのが怖い人は相手の言葉を「単なる○○」として受け止めよう
でも解説しましたが、否定されるのが怖い人は、
相手の言葉に対して敏感に傷ついてしまいます。

なぜなら、私たちは、ある特定の考えを信じているために、
現実が自分の考えを相入れないと、起きた現実に対して強く抵抗するからです。

具体的に言うと、否定されるのが怖い人は、その気持ちや思いの背後に、
例えば、「彼(彼女)は私を否定するべきでない。」とか、
「否定される自分には価値がない。」といった考えが隠されています。

こういった考えを信じている状態で、相手から否定されると、
怒り、傷つき、落ち込みといった反応が生まれるんですね
(「私を否定するなんて許せない。」「否定された。私はダメな人間なんだ。」など)。

考えを信じるとどうなるか?について、探求を深める

だから、自分が信じている考えを理解します。さっきの例で言うと、
「彼(彼女)は私を否定するべきでない。」という考えを信じるとどうなるか?
について、探求を深めていくんです。

私の事例を紹介します。私は、ある人から「(あなたは)使えないな。」と
言われたことがあります。
最初は、内心怒りがわいてきました。
その時に、怒りの背後にある考えを言葉にすれば、
「ふざけるな!なんてことを言うんだ!」「あんたは間違ってる!」でした。

そのまま私が自分の考えについて探求しなければ、
相手とケンカするか、ひどく傷ついて落ち込むかのどちらかでした。
しかし、自分の考えを探求したことで、例えば以下の3つのことに気づいたんです。

スポンサーリンク

自分の考えを探求したことで気づいた3つのこと

私が何を考えても自由なら、相手が何を考えても自由なはず

一つ目は、私は、自分の都合を相手に押しつけていると思いました。
「私を否定するべきでない」という考えを正当化するのは、
相手の自由や「相手が私を否定する権利」を奪うようなものです。

どうして私の考えの自由だけが許されて、相手の考えの自由が許されないのでしょうか?
私が何を考えても自由なら、相手が何を考えても自由なはずです。

いくら自分の考えが正しいと信じていても、苦しみしか生まれない

二つ目は、起こった現実に対して、自分の考えをいくら正当化しようとしても
苦しむだけだと思いました。
私がいくら「相手は間違っている」と考えたとしても、
相手が私を否定した現実が変わることはありません。

変わらない現実に対して、自分の考えを押し通そうとしても希望がないんです。
いくら自分の考えが正しいと信じていても、
苦しみしか生まれないことに気づいたんです。

本当は、私自身が否定されたと感じていただけ

三つ目は、相手が私を否定したと思っていたけど、本当は、
私自身が否定されたと感じていただけだということです。
つまり、相手が私を傷つけたのではなくて、
私の(相手に対する)解釈が私を傷つけたということです。

そうすると、「彼(彼女)は私を否定した。」という考えは
真実ではないということがわかります。
真実は、「私の考えの通りに相手が言葉を発してくれなかった」ということだったんです。

まとめ

私の場合は、このようにして自分の考えについて探求を深めたことで、
理解することができました。

結局、相手の問題ではなくて、自分の問題。
自分を否定するのは自分自身の考え。
やめるべきなのは、私が私を否定することなんだなと気づいたんですね。

繰り返しますが、否定されるのが怖い気持ちを解消するためには、
否定されるのが怖い気持ちの背後にある考えを見つけて、
考えをよく理解するのがおすすめです。

否定されるのが怖い理由(考え)を明らかにし、その考えについての真実を理解すると、
否定されるのが怖い状態から解放されることができるんです。

いかがでしたか?
結局、相手の言葉は、あなたを否定するものではなくて、単なる意見でしかありません。
自分の信じている考えが理解できれば、否定されないように関わる必要がなくなります。
「そうだね!」と思えたら、こちらの記事:否定されるのが怖い人が最初にやるべきことは、○○と△△を分けることを読んで、より建設的なコミュニケーションを築いてくださいね。

スポンサーリンク

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 事例

    エニアグラム タイプ9の有名人〜蛭子能収さん「孤独と自由を愛する生き方」
  2. その他

    下町ロケットの佃航平の性格や人柄は?もし自分の会社の社長だったら?
  3. 対人関係

    余計なことを言ってしまう癖を直したい!余計なことを言わないトレーニング
  4. 対人関係

    同棲のストレスを解消する〜彼女・彼氏との摩擦は生存本能が関係しているかも
  5. 知識・知恵

    緊張を和らげる方法は?本番で力を発揮するために取り組みたいこと
PAGE TOP