対人関係

話し相手が欲しいけど〜孤独や寂しさを終わらせる3つの質問

スポンサーリンク

話し相手が欲しいけれど、見つけることができずに困っている人も多いです。
出会いの機会を作ってくれるサービスや場は数多く存在する一方で、
それを上手に活用できずにいる人もいます。

ただ待っているだけでは孤独や寂しさを埋めてくれる人は現れないとわかっていながらも、
どうして良いのかわからないと悩んでいる人の方が多いのではないでしょうか。

あなたが話し相手になって欲しい人はどんな人?

ひとりぼっちで寂しいからといって、話し相手は誰でも良い人はいませんよね。
自分の中で話したい人のイメージがぼんやりしていると、
行動を起こせずにモヤモヤしてしまうんです。

「あなたが話し相手になって欲しい人はどんな人?」と聞くと
「よくわからない」と答えてしまう。
だから、自分が求めている人がどんな人なのか考えを深めることで、
探す意欲が湧いて来ますよ。

話し相手に求めることを明らかにするエクササイズ

やり方は、まずたくさんの紙とマジックペンを用意します。
そして、話し相手になって欲しい人の特徴を、
1枚の紙に対して1つの特徴を書いていきます。

最初はぼんやりした表現でも構いませんので、どんどん書いていきましょう。

コツは考え過ぎず直感でリズムよく書いていくことです。
単語でも文章でも言葉であれば構いません。

次に、一枚の紙を取り出します。例えば、「共通の趣味を持っている人」
と書いてある紙を取り上げたら、その言葉について質問をしていきます。
質問は3つ「なんで?」「するとどうなる?」「本当に?」です。

最初の質問「なんで?」

あなたが話し相手になって欲しい人は、「共通の趣味を持っている人」です。
では、なんで「共通の趣味を持っている人」なのか、
その答えを考えて新しい紙に書きましょう。

例えば、「会話が盛り上がるから」と書きました。「親近感を持ってもらえるから」
「一緒にイベントに出かけられるから」といった理由も考えられるかもしれません。

次の質問「するとどうなる?」

次は、「共通の趣味を持っている人」だとどうなるのか、その答えを新しい紙に書きましょう。
例えば、「安心や喜びを感じられる」と書きました。
他には、「寂しさが減る」「友達ができる」といったことも考えられるかもしれませんね。

最後の質問「本当に?」

「本当に?」というのは、「共通の趣味を持っている人」というのは本心でそう思うのか、
あるいは、思っていてもそうとは限らない理由はないかどうか、
自分に問いかけることを意味します。

例えば、「相手の趣味に興味が持てれば良い」と書きました。
他には、「(共通の趣味を持っていても意見が合わない人は嫌なので)尊重し合える人」
といったことも考えられるかもしれません。

こうやって、一枚の紙に書いた特徴について、3つの質問をし、
答えを新しい紙に書いていくことで、ぼやっとしていた自分の考えを
具体的に深めていくことができるんですね。
そして、書き上げた紙を自分なりに分類してみると、
自分が話し相手に求めていることが分かってくるんですよ。

話し相手を見つけられない理由

しかし、話し相手になって欲しい人について分かるようになっても、
よく考えてみたら「そんな人どこにいるの?」と思う人も出てくるはずです。
そうなんです。話し相手を見つけられない理由はここに隠されているんですね。

つまり、自分が話し相手になって欲しい人に対して
求めることが限定的であればあるほど、
条件に該当する候補者の数は減っていってしまうんです。
自分の好みや価値観が狭まるほどに、付き合える人の数も限られてしまうんですね。

さらに、理想の相手に自分を見つけてもらおうとしたら、
一体どれだけの確率になってしまうんでしょうか。
そんな一縷の望みにかけることがどれほど苦しいことかは分かります。

スポンサーリンク

話し相手が欲しいという考えが孤独や寂しさを生む

しかし、「私には話し相手が必要だ」というのは本当でしょうか?
現実は話し相手がいない、あるいは、話したい相手がいないのに、
「話し相手が必要だ」と考えることで一体どれほどの孤独や寂しさを感じてきたでしょうか?

自分を孤独にし、寂しさを感じさせているのは、話し相手がいないという現実ではなく、
現実に対する自分の考えであるということを教えてくれる人はいません。

孤独や寂しさで自分を苦しめないためにお勧めしたいのは、
自分が本当だと信じている考えに問いかけることです。

「私は『優しい人』に話し相手になってもらう必要がある」
「私は『価値観が合う人』に話し相手になってもらう必要がある」
といった考えを信じているとどうなるでしょうか。

現実にはそんな人が周りにいないので、苦しみ、ストレスを抱えますよね。
だから、苦しみを生む考えに執着するよりも、
考えから自由になって苦しまない方が良いんです。

自分の考えから自由になれば話し相手が見つかる

自分の考えから解放されるとどうなるしょうか。
これまで誰かに寂しさを埋めてもらおうとしていたけど、
そうではなくて、自分を大切にするのは自分の役目だと気づくようになるんですよ。
なぜなら、自分を最も大切にできるのは自分だからです。

そして、自分の考えから解放されて、自分を大切になれば、
自然と関われる人も増えていきます。
「私は『優しい人』に話し相手になってもらう必要がある」
という考えが本当ではないと気づけば、
話し相手が優しいかどうか気にならなくなるからです。

いかがでしたか?
話し相手が欲しいと寂しさを感じているときは、自分の声(考え)を聴くことが良いんですね。
それは、孤独や寂しさに対する根本的な解毒剤になるんです。
考えに問いかける方法については、下記の記事で紹介していますので、
興味があれば読んでみてください。

スポンサーリンク

保存保存

保存保存

保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. その他

    下町ロケットの軽部真樹男のような人が上司だったときの対処法は?
  2. 知識・知恵

    ストレスにお勧めする本は「自分のことがよく分かる本」「頭の混乱から解放される本」…
  3. 事例

    スマホにイライラしないための「こころの整え方」
  4. 気力がわかないときに私が実践していることは「考えに問いかける」こと
  5. 知識・知恵

    ストレスチェックが無料で簡単にできる「ライフイベント ストレスチェック」
PAGE TOP