対人関係

子供を産んで後悔しても『愛』と『自由』を感じられるためには?

スポンサーリンク

元々、子供が好きでなかったけれど、実際に産んでみると
考えが変わったという話を聞きますが、
中には産んでみてやっぱり子供が好きになれないし、
「時間を戻すことができるのなら、やっぱり子供は産まなかった」
と思う人は意外といます。

私は、子供が好きなので(子供はいませんが)、
最初に子供を産んで後悔している人たちの話を知って驚いたのですが、
話の内容を深めていくと、母親たちのつらい気持ちになる理由に
納得することができました。

正解を求めない、自由を求めたい

子供を産むことが正しいという考えや風潮が強いのは私も感じます。

結婚すると親や友達や職場の人などから、
「子供は作らないの?」と聞かれるし、
(一応、男性も加齢と共に生殖機能の低下はあるのですが)
女性は加齢と共に子供を産むリスクが高くなるため
暗黙のプレッシャーを感じやすいです。
子供を産まない選択肢を持ちづらい社会だというのも実感できます。

子供を産んで良かったかどうかは個人によって感じ方は違いますし、
短期間で判断できるものでもありません。
実際、私の母にも聞いてみると「とにかく大変だった。」
というエピソードがよく出てきます。

じゃあ、産んで後悔しているかというと私には分かりませんが、
母の愛情はとても感じられるので気にしたことがありませんでした。

私は、子供を産んだとしても産まなかったとしても、
後悔がなく愛や自由を感じられる人生を送るためには
どうしたらいいか、日々探求しています。

その結果、自分と向き合うこと、そして、
自分で自分の苦しみから解放されることをお勧めしています。

子供は愛おしいが、好きではない

子供を産んで後悔している人の話を深く理解していくと、
「子供は愛おしいが、好きではない」ということが分かります。

子供は大切な存在であり、大切な命を育てていかなければならない
気持ちはある一方で、どうしても好きにはなれない気持ちも感じて、
その狭間で苦しんでいます。

「好きになれるものならなりたいけれど、
どうしたらいいのか分からない。」という表現の方が近いです。

泣き声に耐えられないとか、障害を持ってるとか、
言うことを聞いてくれないとか、理由は様々で、
それを正直に人に話そうものなら、
無責任だとか愛がないとか批判されるため、
気持ちを吐き出すこともできず我慢しなければなりません。

私は、愛することと、好きになることは分けて考えているので、
たとえ血が繋がった親子でも好き嫌いはあって当然ですから、
「子供は愛おしいが、好きではない」という気持ちは自然なことです。

自由がなくなる・支えてくれる人がいなくなる

子育ては24時間体制で休みがありません。
今までは夫婦や自分の時間があったのに、なくなってしまいます。
好きなことはできないし、常に子供の世話をしなければならないため、
自分の自由な時間がありません。
また、今までは夫との時間が自分を支えてくれていたのに、
それもなくなってしまいます。

好きなことができなくなり、体力も削られて心身ともに余裕がなく、
しかも夫は自分を支えてくれなくなり、
自分は好きでもない子供の面倒を見続けなければならないと考えたら、
不安な気持ちが生まれるのも当然です。

だから、自由がなくなったと言う人に対して
無責任だとか自己中心的だと思うのではなく、
子育てに対する不安や心配から解放されたいのかもしれないと
思うようになりました。

愛されずに育ったので、愛し方がわからない

自分が愛されて育ってきていないので、
子供をどう愛していいのかわからない人に対して、
責めることはできません。

それを知らないままに「わがままだ」とか
「母親の資格がない」という批判を浴びせることができません。

私は、親から愛されて育ったことにはっきりと気づいたのは、
大人になってからでした。

自分が家の家事をするようになって母親の凄さを知りましたし、
お金を稼ぐことについて父親の偉大さを感じるようになりました。
ただ大人になったから気づけるようになったわけではなく、
自分の苦しみや心の傷を癒してきた結果、
そう感じられるようになったわけです。

私は、「親は私を愛していない」という考えについて
問いかけることをしました。それで分かったことは、
その考えを信じると苦しむし、親が私を愛していない証拠ばかりに
目が向くようになって、さらに苦しむということでした。

そして、もうひとつわかったことは、
その考えを信じていないとき、私は苦しまないということでした。

そうやって、「これが愛で、これは愛でない」という
自分の考えに対して、ひとつひとつ問いかけをしていくことで、
今まで自分では見過ごしていた親の愛に気づくことができるように。

スポンサーリンク

ストレスになる考えを紙に書き出して真実を探求する

そして、気づいたことは、好きなことをすることが
自分を愛することだと思っていたけれど、
それでは自分の人生を狭めることになるし、
人生が狭まれば嫌なことや苦しいことが多くなるということです。

だから、自分をストレスにする考えを紙に書き出して
問いかけることで、自分の嫌いなものや許せないことを
一つずつ問いかけていきました。

そのことで嫌なことから解放されて心が楽になり、
起きた現実は変わらないのにストレスが減っていくようになりました。
好きになれない自分や受け入れたくない自分との和解を通じて、
そのままの自分でもいいんだと思えるようになることが
愛することだとわかりました。

後悔しているということは、自分の中にある
「こうすべきだった」「ああするべきではなかった」
という考えを信じていて、
現実の自分を受け入れたくないことでもあります。

お勧めしたいのは、その中でも愛や自由を
感じられるようになるためには、自分の正直な気持ちを我慢せず、
思い切り紙に書き出して、それについて
優しく自分に問いかけてあげることです。

「私は、子供を産んだことに後悔している。なぜなら、~」という形で、
「(なぜなら)子供は私から自由を奪った」
「(なぜなら)子供のせいで私は幸せではなくなった」
「(なぜなら)私は社会から置き去りにされた。」
「(なぜなら)夫は私を大切にしてくれない」
といったように書いてみましょう。

そして、書き出した文章について、
静かな気持ちで「それは本当でしょうか?」と問いかけます。

今までは、この考えを信じることで苦しんできた。
そして、この考えを信じることで自分を人生の牢獄に押し込めていた。
けれども、もしかしたら自分にとっての真実が別にあるかもしれません。
ぜひオープンで新鮮な態度で自分の考えに問いかけてみてください。

このワークをしているByron Katieさんは次のように言っています。

No One Can Hurt Me But Me.(誰もあなたを傷つけることはできない。それをできるのは「あなた」しかいない。)

スポンサーリンク

保存保存保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 知識・知恵

    余計なことを考えない方法は「リフレッシュ」「書き出す」「理解する」がお勧め
  2. 事例

    [エニアグラム]タイプ9の有名人〜笑福亭鶴瓶さん「愛される生き方」
  3. 対人関係

    性格タイプ論『エニアグラム』とは?自己成長や対人関係改善に効果的
  4. 仕事・職場

    上司や取引先との間で「言った!言わない!」の水掛け論になるのを未然に防ぐために効…
  5. お金

    お金の意味を理解して上手に付き合おう!〜稼ぎたいストレスを抱える人へ
PAGE TOP