仕事・職場

会社への不満を解決する方法は?給与、上司、人間関係に対するストレスがなくなる

スポンサーリンク

会社に入って最初は仕事に慣れてくると、
何においても精一杯だった頃とは違って、
頑張っているのに会社への不満を感じるようになってきませんか?

仕事に対するストレスも増えて、転職するか、
諦めて不満を抱えたまま働き続けるかを考えるかもしれません。

あなたにとってベストな選択は何なのか見つけるきっかけを紹介します。

会社への不満を持つとどうなりますか?

会社への不満を持つとどんな良いことがあるでしょうか?
「給与が安い」「上司と合わない」「職場の人間関係が悪い」など、
会社に対する不満を感じるとあなたはどのように反応するでしょうか?

おそらくすべての人がストレスを感じるでしょう。
そして、現実は変わらないのに「会社への不満要素が解決すれば、
もっと楽しく、充実して、幸せになれるのに」
という考えを信じていると、会社がつまらなく感じ、
不幸せな自分の境遇にストレスを感じるようになるのではないでしょうか?

自分にとって希望のない選択をしている

だからと言って、ストレスの原因をなくそうとして
実際すぐに行動する人は少ないかもしれません。

それは何故かというと、給与や人間関係を改善することよりも
ストレスになることがあると信じてるからですね。

給与交渉をしたら「会社から辞めてもいい
と言われるかもいしれない」とか、
「自分の印象が悪くなって働きづらくなる」といったことに
なるかもしれないと思っているかもしれません。

あるいは、「給与が上がるわけがない」
という考えを信じているからかもしれません。

会社への不満を持つということは、
自分にとって希望のない選択をしているということではないでしょうか?

実は、この「会社への不満を持つということは、
自分にとって希望のない選択をしている」ということを
深く実感できていなかったために、
「今までの自分の不幸は会社が原因だ。私は不遇な目に遭っている。」
という考えを信じ込んでしまい、自分で自分をストレスにして
しまっていたということに私は気づいていませんでした。

「給与はもっと高くあるべき」「上司は私に優しくする必要がある」
「職場の人たちは変わるべきだ」という考えを信じていると
何が起こるでしょうか?

そう、希望がないのです!
なぜなら、給与は安いし、上司は厳しいし、
職場の人たちは自分勝手に動いているからです。

目の前の現実を否定することが、
いったいどれだけのストレスを自分に与えるのか、
私はわかっているようでわかっていませんでした。

わかっているようでわかっていないこと

会社への不満を解決する方法は、会社への不満を持つことが
どれほど自分を苦しめるかをよく味わうことだと思います。

会社に不満を持ってはいけないということではありません。
そんなことは不可能です。
なぜなら、すでに会社への不満を持っているからです。

ですから、会社への不満を持つことが自分に何をもたらすかを
よく感じてみてください。

「給与はもっと高くあるべき」「上司は私に優しくする必要がある」
「職場の人たちは変わるべきだ」という考えを信じているとき、
自分は苦しむということがわかれば、
会社に不満を持つことがいかに正気でないことかが分かります。

スポンサーリンク

自分の考えから解放されれば自然となすべきことはわかる

自分が考えから自由になって正気になったときに、
自分が何をするべきか自然と分かるはずです。

「会社に執着しないで自分の人生を生きよう」と思うかもしれないし、
恐れることなくクリアな意識で給与交渉に臨むかもしれないのです。

自分をストレスにする考えに問いかけ、ストレスから自由になるとき、
自分が何をするべきかが見えてきます。

会社への不満は、「あなたがストレスになる考えを信じていますよ」
ということを教えてくれるサイレンのようなものです。
現実に気づいて自分が我に帰るためのきっかけになってくれます。

私は、自分がやりたいことを見つけ、
会社には給与を払ってくれることに感謝し、
就業規則の範囲内で最大限の労働力を提供し、
それ以外は、自分のやりたいことに時間を費やすようにしました。

そして、最終的に会社を辞めるときには、
会社に対する不満を持ってではなく、
自分がやりたいことを見つけて晴れ晴れしい気持ちでした。
自分の心の声に気づけば円満退社は可能なのです。

考えに問いかけることで袋小路から抜け出す

私がオススメしたいのは、会社に不満を感じたら
自分の考えに問いかけることです。

不満を感じているとき、その背後には自分の考えが
袋小路に入り込んでしまって、他に選択肢がないように
思い込んでしまっていることがあります。
自分の視野が狭くなってしまっているのです。

それに気づいて、考えの袋小路から抜け出せば
不満が解消されるかもしれないというのです。

私は、自分の考えに問いかけるときには、
いつもこちらの方法でやっています。よかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. その他

    クリスマスが嫌いなのは「ひとりぼっちだから」のストレスを解消するには?
  2. 対人関係

    性格の相性が悪い相手との関係を見直す3つのステップ
  3. 対人関係

    共働きで家事をしない妻なのに、夫が幸せでいられるのはなぜ?
  4. ダイエットをストレスフリーに!痩せる前にスリムにするべきものとは?
  5. 対人関係

    「言った言わない」の水掛け論の対処法は3つのポイントにあった!
PAGE TOP