気力がわかないときに私が実践していることは「考えに問いかける」こと

sponsored

気力がわかないとき皆さんはどうしてますか?
リフレッシュしたり、モチベーションをあげたりする方法を持っていると思います。
私が実践しているのは、気力がわかない背景にある自分の考えを見つけて、
問いかけをする方法です。
こうすることで、自分が陥ってしまった思考の罠から抜け出すことができるので紹介します。

気力がわかないのは「現実に抵抗している」から

ブログを書く気力がわかない

この記事を書こうと思ったのは、まさに私自身がブログを書く気力がわかない
体験をしたからなんです。

これまで140記事ほどブログを更新してきました。
140記事も書いていると、ネタさがしも苦労するし、
テーマによっては何を書いたら良いのかわからなくなります。
そして、膨大な時間を費やしているにも関わらず、アクセス数が少ない現実を見ると、
ブログを書く気力がわかなくなってしまうんです。

結果が出ないから気力がわかない?

通常、私たちは、アクセス数が少ないとブログを書くことをやめてしまいます。
だから、気力がわかないのは、結果が出ないからだと考えがちです。
しかし、実は、気力がわかなくなるのは、結果が出ないからではなくて、
現実を受け止めず、現実に対して抵抗しているからなんです。

気力がわかないのではなく、動かないように力を使っている

「気力がわかない」というのは動く力を失ったように思えますが、
実は動かないように力を使っている状態なんです。
つまり、ブログを書く気力がないのではなくて、
ブログを書かないように力を使っているんです。

それは、なぜかというと、ブログのアクセス数が少ないという現実を受け入れられず、
「もっとアクセス数が増えるべきだ」と考えて現実に対して抵抗しているからなんです。

負のスパイラル

現実に対する抵抗が緊張を生み、体の重み、倦怠感、疲れを生みます。
それが、ブログを書くモチベーションを下げて、結果的にアクセス数は伸びません。
すると、アクセス数が伸びない現実に対して抵抗する負のスパイラスに陥ってしまうんです。

考えを信じると気力がわかなくなる

現実に抵抗してしまう(現実と戦ってしまう)のは、
私たちが思考の罠に陥ってしまうからなんです。
思考の罠とは、「自分の考えを信じること」です。

「どうせ書いてもうまくいかないし、やっても大変なだけだ。」
「私のブログは無駄。やめて別のことをした方がいい。」といった考えを信じることで、
自分で自分の気力を奪ってしまっているんですね。

人間は、自分が良いと思ったことはするし、良くないと思ったことはしません
(本当に良いか悪いかは別として)。
「ブログを書いても無駄」という考えを信じている状態で、
ブログを書く気力はわいてこないです。

sponsored

気力がわかないときに私がやっていること

気力がわかないときに私がやっていることは、
自分が本当だと信じている考え(ビリーフ)に問いかけることです。

「私のブログは無駄」という考えは本当だろうか?と問いかけることで、
自分をストレスにする(気力を奪う)考えから抜け出していきます。

私のブログは無駄じゃない。無駄なのは私の「考え」

もし、アクセス数がほしいなら他の方法もあるのに、
なぜ自分はこのブログを書いているんだろう?
もし、本当に無駄だとわかっていたら、やめるものです。

でも、やめないのは、無駄だと思っていないから。
アクセスが全くないわけじゃないので、私の記事が誰かの助けになっているのも事実です
(何より、今あなたがこの記事を読んでくれています!)。

むしろ、無駄なのは「私の考え」の方でした。
考えているだけではアクセス数は増えない。
手を動かさなければ!そうやって、このブログを書くことができています。

 

思考の罠から抜け出す方法「The Work」

気力がわかないときは、自分の考えが現実と戦っていること、
そして、その背景に信じている考え(ビリーフ)があることに気づきを向けてみてください。
そして、自分をストレスにしている考えに問いかけましょう。

私は「The Work」という問いかけの方法を使っています。
もし、興味がわいた方に向けて下記の記事も合わせて紹介します。

問いかけを通じて出てくる答えは、人によって違います。
人によっては、よく休むことが答えかもしれないし、
逆に、運動をして体力をつけることかもしれません。

あるいは、生活習慣や食習慣を見直すことかもしれないし、
誰かに悩みを相談することかもしれません。
ネガティブ思考が強い人であれば、The Workは特におすすめです。
ぜひ、自分にふさわしい答えが見つかりますように。

まとめ

  • 気力がわかないのは「現実に抵抗している」から。現実に抵抗している(現実と戦っている)ことに気づき、その背後にどんな考えを信じているか(「私のブログは無駄だ」など)を見つけよう。
  • 思考の罠から抜け出す方法として、自分が信じている考え(ビリーフ)に問いかけよう。4つの質問と置き換えからなるThe Workはお勧め。
sponsored

保存保存

保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 知識・知恵

    都会の人が愛媛県の人と比べてストレスオフに取り組むのが難しいのはなぜか?
  2. 仕事・職場

    「波風を立てないでほしい」場の雰囲気が悪くても心穏やかにいるためには?
  3. その他

    下町ロケットの軽部真樹男のような人が上司だったときの対処法は?
  4. 対人関係

    エニアグラムの相性〜親子の関係が気になる人に「ちょっと待った!」
  5. 対人関係

    気が強い性格を直したい女性は、自分の不安や恐れに気づくことが大切
PAGE TOP