対人関係

エニアグラム 3つの本能(自己保存的本能・性的本能・社会的本能)とは?

スポンサーリンク

エニアグラムは、9つの性格タイプをベースとした理論ですが、
もうひとつ性格の理解を深めるために重要な「3つの本能」がありますよね。
エニアグラムの3つの本能(自己保存的本能・性的本能・社会的本能)は、
9つの性格タイプと同じくらい人間関係や仕事・キャリアなどの問題を理解する上で
重要な理論になるので、今回は基本的な話を紹介します。

エニアグラム「3つの本能」とは?

エニアグラムの世界的第一人者であるドン・リソさんとラス・ハドソンさんは、
9つの性格タイプの理解を深める上で重要な「タイプのヴァリエーション」について
紹介しています。その中のひとつが「3つの本能」です。

同じタイプの中でも異なるヴァリエーションができる

3つの本能とは、「自己保存的本能」「性的本能」「社会的本能」のことを指しますが、
私たちは、誰もがこの3つの本能を持っています。
しかし、人によって優先する本能の順位が違ってくるため、
優先する本能の順位によって、
同じタイプの中でも異なるヴァリエーションができるんです。

例えば、「自己保存的本能が優先するタイプ6」「性的本能が優先するタイプ6」
「社会的本能が優先するタイプ6」と3つのヴァリエーションが存在するわけです。

自己保存的本能(セルフ・プリザベーション)とは

人が生存し続けるためには、自分の体を守り、維持する(ケアする)必要がありますよね。
自己保存とは、主に自分の体に関わる領域の本能です。
自己保存的本能が優先する人は、主に体の「快適さ」や「安全」に関わる
欲求を満たす意識が高くなります。

例えば、自己保存的本能が優先するタイプは、自分にとって快適で安心できる、
以下のような事柄に対する関心が高くなります。
(特定の事柄について関心が高い場合もあれば、
複数の事柄について関心が高い場合もあります。)

  • 居心地がよく、安全で安心できる空間や環境を整えようとします。(そのために、掃除や整理整頓をしたり、自分が動きやすいよう物を置いたりします。外出したときなどは、衣服や座る場所などを調節することで自分で快適さや安全を確保しようとします。)
  • 心地の良い食べ物でお腹を満たしたり、安全で体に良い食べ物を選んで健康に気をつけたりします。
  • 資源(リソース)の確保します。(お金を稼いだり、貯蓄したり、節約したり、あるいは、必要な物を切らさないようストックしておいたり、万が一のために備えたりします。)

ある自己保存的本能が優先する人の例

例えば、ある自己保存的本能が優先する人は、過去に大きな病気をしたわけでもなく、
誰かの意向で入らされたわけでもないけど、
万が一の時のために自ら進んで保険に加入していました。

また、ある人は、必ずしも部屋が整理整頓されているわけではないけれど、
自分にとって心地の良い物の置き方になっていて、
そこで自分の時間を過ごせるようになっています。
(何が快適で、何をもって安全かについては、9つの各性格タイプによって
表れ方が微妙に違ってきます。)

*すべての自己保存的本能が優先する人が、必ずしもこうだというわけではありません。

性的本能(セクシャル)とは

性的本能とは、必ずしも異性に関心が高い人や性的欲求が強い人という意味ではありません。
性的本能は、自分にとって魅力的な相手と親密になったり、
物や体験に強く惹かれて没頭したりします。

相手と1対1(私とあなた)の関係になりやすく、
深く、濃い付き合いを求める傾向があります。

自己保存的本能が「快適さと安全」なら、
性的本能は「親密さと強烈さ」に関わる欲求を満たす意識が高くなります。

例えば、性的本能が優先するタイプは、その「強い目ぢから」で、
自分にとって興味や関心を惹かれる対象を探しています。
そして見つけると、まるで対象をロックオンするかのように、
人や物や体験に集中していきます。

例えば、時間を忘れて相手と話し込んだり、ひたすらドラマやアニメ、
小説や漫画といったものに没入するかもしれません。
あるいは、刺激的でエキサイティングな体験としてジェットコースターや
バンジージャンプといったものを楽しむかもしれません。

ある性的本能が優先する人の例

例えば、ある性的本能が優先する人は、自分の興味・関心に対して夢中になるあまり、
家族の呼びかけに全く気づかないということが度々あるそうです。

また、ある人は、会話をしているときに相手との距離が近すぎて、
相手の人が圧迫感を感じて思わず一歩引いてしまったそうです。
(相手の人は性的本能が優先するタイプではなかったこともあって)

*すべての性的本能が優先する人が、必ずしもこうだというわけではありません。

社会的本能(ソーシャル)とは

「社会的」とは、必ずしも社会的な活動をしている人や社交的な人という意味ではありません。
人は、ひとりで生きるのではなく、人と協力しあって生きているものです。
社会的本能は、他者との関わりや社会の中で自分が適応し、人から受け入れられ、
一緒にいて安全だと感じたい欲求を生みます。

性的本能が、「私とあなた」を強く意識するなら、
社会的本能は、より全体的で「(自分を含めた)人や場」に対する意識が強くなります。

例えば、社会的本能が優先するタイプは、他者との関係において配慮や気配りを忘れず、
あいさつ、連絡、お礼などのやり取りを欠かさないことかもしれません
(それは、「マナーとして必要だから」というよりも、もっと「人として自然な行為」
という感覚かもしれません)。

また、(ひとりの個人よりも)自分が関わるグループ・場・社会に対して
注意を向けるようになります。(「この場では何が起こっているのか?」
「どうしたら、自分がこの場で適切にふるまうことができるか?」など)

ある社会的本能が優先する人の例

例えば、ある社会的本能が優先する人は、日頃から社会で何が起こっているかを知るために
ニュースを欠かさずチェックしているため、逆に、世の中のことに関心がない人がいることに
驚くそうです。

また、ある人は、グループの中で、誰がこの場をコントロールしているか、
誰に話をすれば協力してくれそうかといった事に敏感に気づけるそうです。

*すべての社会的本能が優先する人が、こうだというわけではありません。

スポンサーリンク

3つの本能における「盲点」とは

3つの本能(自己保存的本能・性的本能・社会的本能)の優先順位で3番目
(最も優先順位が低い)の本能のことを「盲点」と呼んでいます。
この盲点とは、3つの本能の中で最も注意や関心を向けづらい本能の領域になります。

いずれかの本能が盲点の場合

例えば、自己保存的本能が盲点の人は、自分の体をケアすること
(例:きちんと食べる・寝るなど)や、お金といったリソースの管理が後回しになりがちです。

また、性的本能が盲点の人は、人と親密な関係を築くことが難しく淡白になりがちだったり、また、刺激を受けてエキサイティングすることが難しかったりします。

社会的本能が盲点の人は、社会に対する関心や場の空気に注意を向けることが難しかったり、他者に対する配慮に目が行き届きにくかったりします(例:メールの返信が遅くなるなど)。

3つの本能と対人関係(相性)

3つの本能は、対人関係(恋愛・仕事・親子など)のパターンや相性についても
重要な理解をもたらしてくれます。

同じ本能どうし(例:自己保存的本能が優先するタイプどうし)であれば、
価値観や物事を選択する上で共感しやすい関係になります。
一方で、本能が違う者どうし(例:自己保存的本能が優先するタイプと
性的本能が優先するタイプ)では、価値観や物事を選択するときに
摩擦や葛藤が起きやすくなります。

本能が違う者どうしで起こる葛藤の例

ある夫婦の休日の過ごし方を例に挙げると、「まず、部屋の片付け・掃除をすませてから、
自分の時間を作りたい自己保存的本能が優先するタイプ」と、
「まず、自分の趣味に時間を当ててから、片付け・掃除をしたい性的本能が優先するタイプ」
とでは、お互いに不満を感じやすいんですね(「趣味をやるなら先に掃除してほしい」
「せっかくの休日なんだから掃除は後にしてほしい」など)。

違う本能どうしは補い合う関係でもある

相性の視点で言うと、一見、同じ本能どうしの方は相性が良くて、
違う本能どうしの方は相性が悪そうに思えるかもしれません。
しかし、例えば、夫婦関係や仕事のパートナー関係などの場合、
違う本能どうしであれば、協力してお互いの苦手な部分を補い合うことができるんです。

例えば、仕事のパートナー関係の場合、社会的本能が優先するタイプは、
人脈を作り、仕事を獲得してくるのが上手かもしれませんが、
細かい事務作業が苦手かもしれません。

自己保存的本能が優先するタイプは、幅広く人と関わるのは得意ではありませんが、
スケジュール管理や資料や請求書などの書類作成が苦ではありません。

お互いが協力して補い合うことで、ひとりでは行き詰まりやすい仕事を
スムースに進めることができるんです。

まとめ

大切なのは、お互いの本能について理解し、
尊重し合ったり、協力し合ったりすることです。
3つの本能を知ることで、お互いの価値観を具体的に知ることができるようになります。

以上で、エニアグラム 3つの本能(自己保存的本能・性的本能・社会的本能)
についての基本的な説明は終わりです。

しかし、実際はもっと奥が深いものです。
例えば、9つの性格タイプごとの詳しい説明(3つの本能×9タイプ=27タイプ)もあれば、
健全度が下がった時の状態の説明もあります。
他にも、3つの本能における自己成長の取り組み方や、仕事・キャリアへの活かし方など、
現在進行形で研究が進んでいるものもあります。

3つの本能について、より詳しく知りたい場合は、
下記のエニアグラム ワークショップがお勧めですので、最後に紹介します。

シープラスエフ研究所 エニアグラム月齢ワークショップ「3つの本能」

スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. お金

    「お金がない」と将来が不安な人に、まずやってほしいたった一つのこと
  2. 仕事・職場

    ストレスチェック制度の義務化ですることは?(マニュアルの要約付)
  3. 対人関係

    エニアグラムの相性〜結婚にふさわしいタイプの組み合わせは?
  4. 対人関係

    愚痴をこぼす人の心理は?どうすればいいの?対処法やストレス解消法は?
  5. 対人関係

    黄金律とは?その意味についてThe Workを実践してわかったこと
PAGE TOP