対人関係

エニアグラムの相性〜結婚にふさわしいタイプの組み合わせは?

スポンサーリンク

エニアグラムには、9つの性格タイプがありますよね。
もし、あなたがより良い結婚相手を求めているなら、相性の良いタイプが気になるはずです。
この記事では、エニアグラムで各性格タイプどうしの相性(全45通り)、
そして、より良い結婚相手とはどういうことなのかについて紹介します。

エニアグラムの相性一覧表(結婚・パートナー編)

タイプ1からタイプ9まで、各タイプどうしの組み合わせは全45通りです。
それぞれの相性について、簡単な一部事例をつけて紹介するとこのような感じになります。
(※エニアグラムは、基本的に、男女の性別を超えてタイプとして語られているので、
ここでは各タイプどうしの組み合わせにしています。)

各タイプどうしの相性一覧(結婚・パートナーとの関係性)

○=関係性が良いとき×=関係性が悪いとき

  • タイプ1とタイプ1:
    お互いの理想を尊重し自立している落ち着いた関係。
    ×お互いこだわりが強くなり、自分ばかりが背負っていると怒りが強くなり、お互いの間で葛藤が起こる。
  • タイプ1とタイプ2:
    真面目さと温かい明るさでバランスがとれた関係。
    ×理性や倫理を重んじ、冷たくなるタイプ1と気持ちや思いの強さを重んじ、感情的になるタイプ2の間で葛藤が起こる。
  • タイプ1とタイプ3
    落ち着いていて、地に足をつけながら大きな理想を実現する関係。
    ×感情をコントロールするタイプ1と感情を脇に置くタイプ3で、お互いに冷たく気持ちが離れる。
  • タイプ1とタイプ4
    現実的でありながら創造性や美しさや理想を共有できる関係。
    ×理性的で気持ちを表現しないタイプ1と感情に溺れて自分優先なタイプ4との間で葛藤が起こる。
  • タイプ1とタイプ5
    お互いが落ち着き自立していて、既成概念にとらわれない関係。
    ×お互いの考え(タイプ1は理想主義的な、タイプ5は現実ばなれした)を尊重しなくなり、間に壁ができて関係性が希薄になる。
  • タイプ1とタイプ6
    お互いに質と筋を重んじ、真面目で誠実に持って関わる関係。
    ×タイプ1は怒りで批判的に、タイプ6は不安で感情的になって、お互いに議論の応酬になることで葛藤が起こる。
  • タイプ1とタイプ7
    お互い理想に対して前向きに行動できる関係。
    ×タイプ1は現実的に考えすぎて頑固になり、タイプ7は散漫で落ち着かず、お互いの間で葛藤が起きる。
  • タイプ1とタイプ8
    お互いに本音を語れて地に足ついた自立した信頼関係。
    ×タイプ1は正しくあろうとして怒り、タイプ8は強引に自分の欲求を満たそうとして葛藤が起きる。
  • タイプ1とタイプ9
    理想的な世界観を共有でき、明るい雰囲気で行動できる関係。
    ×問題を改善しようとするタイプ1と、問題を感じにくく腰が重いタイプ9の間で葛藤が起こる。
  • タイプ2とタイプ2
    お互いに助け合える気持ちの通った温かい関係。
    ×お互いに見返りを求める気持ちが強くなり、感情的な問題へと発展する。お互いに直面しないで問題を先延ばしにする。
  • タイプ2とタイプ3
    ヴィジョンを描くこと、それを支えることに喜びを感じ合える関係。
    ×気持ちの共有を求め感情的になるタイプ2と、合理的で感情や本心を隠すタイプ3との間で葛藤が起こる。
  • タイプ2とタイプ4
    ○お互いに気持ちを大切にできて優しく温かい関係。
    ×自分勝手で感謝がないと不満を積もらせるタイプ2と自分を大切にしてくれないと傷つくタイプ4の間で葛藤が起こる。
  • タイプ2とタイプ5
    客観的冷静さと気持ちの温かさというバランスのとれた関係。
    ×相手の境界線を干渉するタイプ2とシニカルで自分の世界にこもるタイプ5との間で葛藤が起こる。
  • タイプ2とタイプ6
    明るい雰囲気を保ちながら現実的で着実に進める関係。
    ×相手に必要されたいとおせっかいになるタイプ2と自立したいと一定の距離を保つタイプ6の間で葛藤が起こる。
  • タイプ2とタイプ7
    お互いに明るく新しい世界を楽しんでいける関係。
    ×自分の思いやりに対して感謝がないと不満になるタイプ2と自由を束縛されてフラストレーションがたまるタイプ7との間で葛藤が起こる。
  • タイプ2とタイプ8
    父性的な導きと母性的な支えで補い合う情の深い関係。
    ×相手に利用されているように感じるタイプ2と、相手が過干渉で依存的に感じるタイプ8との間で葛藤が起きる。
  • タイプ2とタイプ9
    人生に対して明るく楽観的で穏やかな雰囲気を感じられる関係。
    ×お互いに断れず、相手をリードできず、お互いに不満や怒りを抱えて本音で関われなくなる。
  • タイプ3とタイプ3
    お互いを誇りに思い、向上することに喜びを感じ合える関係。
    ×お互いに競争心から足の引っ張り合いを感じやすくなり、お互いに本音を見せず心が離れていく。
  • タイプ3とタイプ4
    本物を求める感性や繊細で豊かな気持ちを共有する関係。
    ×欠如感や嫉妬で感情が不安定なタイプ4と、そんなタイプ4に対してわがままだと感じるタイプ3との間で葛藤が起きる。
  • タイプ3とタイプ5
    可能性や本質を共有できる合理的で落ち着いた関係。
    ×感覚的で深く考えずに行動するタイプ3と、熟慮することに固執しすぎて行動が遅くなるタイプ5との間で葛藤が起こる。
  • タイプ3とタイプ6
    お互いに向上心があり生産的で質実を支え合う関係。
    ×考えをコロコロ変えて感情を脇に置くタイプ3と筋道や矛盾に敏感で感情的になるタイプ6との間で葛藤が起こる。
  • タイプ3とタイプ7
    お互い前向きでビジョンを持ち、生産的でアクティブな関係。
    ×お互いに自分のことで忙しくなり親密さが薄れる。タイプ7は相手にフラストレーションを感じやすく、タイプ3は相手から距離を取ろうとする。
  • タイプ3とタイプ8
    お互いに実際的で実現することに喜びを感じる関係。
    ×相手が本音を見せないとタイプ8はイライラし、相手の支配的な態度に不信感を持つタイプ3との間で葛藤が起きる。
  • タイプ3とタイプ9
    お互いの価値を見出し、癒しと成長を補い合う関係。
    ×タイプ3は現状維持にイライラして要求的になり、タイプ9は変化に対して腰が重く頑固になってお互いの間で葛藤が起こります。
  • タイプ4とタイプ4
    お互いに繊細な気持ちと美意識を共有し尊重できる関係。
    ×お互いに自分を大切にしてほしい気持ちが高まり、相手に幻滅し、傷つき合うようになる。
  • タイプ4とタイプ5
    人生の繊細さや深みを共有できる豊かな優しい関係。
    ×ドラマチックな関係を求めて感情にムラが出るタイプ4と、頭の世界にこもり感情に圧倒されないようにするタイプ5との間で葛藤が起きる。
  • タイプ4とタイプ6
    本音を共有でき、創造性と実際性を補い合える関係。
    ×お互いに自分のことをわかってほしい気持ちが強く感情的で、相手を思いやれなくなることで葛藤が起こる。
  • タイプ4とタイプ7
    お互いに創造的で自由で情熱的なところで共感し合える関係。
    ×お互いに現実逃避的になる一方で、意識が散漫になるタイプ7と自分の気持ちに溺れるタイプ4の間で葛藤が起きる。
  • タイプ4とタイプ8
    お互いに本音を率直に語れる情熱的な関係。
    ×気分にムラがあるタイプ4と繊細さを欠くタイプ8の間で、お互いにコントロールされまいと感情的に言い合う。
  • タイプ4とタイプ9
    想像的な世界を共有し、情熱と心の安定を補い合う関係。
    ×気持ちの反応が鈍い相手に対してイライラするタイプ4と、要求的で自分のペースを尊重してくれないと怒りをためるタイプ9の間で葛藤が起こる。
  • タイプ5とタイプ5
    お互いに自立していて独自の世界観を尊重できる落ち着いた関係。
    ×自己表現せず関係性が希薄になりがち。自分の考えが優れていることを示し、相手を皮肉ることで葛藤が起こる。
  • タイプ5とタイプ6
    客観的で冷静な判断とフレンドリーに気持ちで関わる補い合う関係。
    ×多くを語らず相手を不安にさせるタイプ5と相手の気持ちを確認できないと信頼できないタイプ6の間で葛藤が起こる。
  • タイプ5とタイプ7
    お互いに好奇心を持ち、新しい発見に喜びを感じる自立した関係。
    ×ひとりの世界にひきこもり周りを見下すタイプ5と、忙しくして意識が散漫になるタイプ7との間ですれ違いや葛藤が起こる。
  • タイプ5とタイプ8
    お互いに自立していて、冷静さと情熱が補い合う関係。
    ×自分の頭の世界にこもって関わらないタイプ5と、怒りで支配的に関わろうとするタイプ8の間で葛藤が起こる。
  • タイプ5とタイプ9
    お互いの個人的世界観を尊重できる穏やかで優しい関係。
    ×お互いの想いや気持ちを率直に分かち合うことが難しく、タイプ5は秘密主義的に、タイプ9は自分を麻痺させ、問題に直面することを避ける。
  • タイプ6とタイプ6
    お互いに信頼していて、気兼ねしない、支え合う関係。
    ×お互いで相手に対する疑いが強まることで不安になり、思い込みで不満をためこむか、感情的な議論の応酬になることで葛藤が起こる。
  • タイプ6とタイプ7
    自由(世界が広がる)と安定(現実性や集中)がバランスのとれた関係。
    ×不安や疑いによってリスクを恐れるタイプ6と、新しいことに目移りして現実に退屈してしまうタイプ7の間で葛藤が起こる。
  • タイプ6とタイプ8
    相手を信頼して支える、頼りになる存在で信頼される、補い合う関係。
    ×利用されているのでは?と疑いを感じるタイプ6と、相手の反抗的な態度に怒りを感じるタイプ8との間で葛藤が起こる。
  • タイプ6とタイプ9
    楽観的な安心感を持ちながら将来を見据えて動ける補い合う関係。
    ×問題に対して感情的に反応するタイプ6と問題を感じにくく直面したくないタイプ9との間で葛藤が起こる。
  • タイプ7とタイプ7
    お互いに明るく行動的で自由に楽しむことを共有できる関係。
    ×お互いに忙しいため落ち着くことが難しくすれ違いが起こりやすい。自己主張的で譲らず、思いつきの言葉で相手を傷つける。
  • タイプ7とタイプ8
    お互いに自立していて、率直に話せるアクティブな関係。
    ×お互いに主張を譲らず激しく衝突する。強引で支配的なタイプ8と軽率で散漫なタイプ7との間で葛藤が起こる。
  • タイプ7とタイプ9
    好奇心で世界が広がる一方で気持ちも安らげる補い合う関係。
    ×思いつきで相手を振り回すタイプ7と、相手に合わせる状態が続いて突然怒りを爆発させるタイプ9との間で葛藤が起こる。
  • タイプ8とタイプ8
    お互いに自立して情熱的、率直で直接的な手応えのある関係。
    ×お互い相手に合わせることができず自分の意見を通そうとし、競争的になる。激しく戦うか、冷戦状態になる。
  • タイプ8とタイプ9
    お互いに自然体で安定し、牽引力と癒しでお互いを頼る補い合う関係。
    ×相手の弱さを刺激し反応を引き出そうとするタイプ8と、頑固で暗黙の抵抗をするタイプ9との間で葛藤が起こる。
  • タイプ9とタイプ9
    お互いの想像的な世界を尊重できる、穏やかでゆったりした関係。
    ×お互い楽観的で問題に直面することを避け、本音を明かさず波風を立てないことで、関係が表面的になる。

ちなみに、エニアグラムの各タイプの相性については、
シープラスエフ研究所が発行する
冊子『9つの性格タイプの相性 ~可能性を開く関わり方』にて
詳しく網羅されているので、興味のある方は、合わせて参考にしてください。

いかがでしょうか?
もしかすると、「自分のタイプと相性の良いタイプはどれだろう?」
と思う人もいるかもしれませんが、
エニアグラムでいう良い相性とはどういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク

エニアグラムで相性(関係性の良し悪し)の良い結婚相手とは?

エニアグラムで相性について語るとき、単純に相性の良い悪いということはありません。
エニアグラムと相性〜相手とより良い関係を築くために必要なこと
詳しいことは説明していますが、心の健全度のレベルが影響しています。
だから、もし相性の良いパートナーに出会えたとしても、
健全度が下がっていくと、お互いの関係性にトラブルが生じ始めてしまうんですね。

心の健全度を意識して相手と健全な関係性を築けるようにしよう

エニアグラムは、とてもパワフルなツールです。
自分の相性の良い相手を探したくなる気持ちはわかります。
エニアグラム本来の考え方は、自分を枠に当てはめることではなく、
すでに入っている枠から自由になり、可能性を広げるところにあります。

相性の良い相手を探そうとするのは、自我の甘い誘惑だと考えて、
相手と健全な関係性を築けるようにするのがお勧めです。

では、どうすればいいのでしょうか?変に聞こえるかもしれませんが、
自分に合った人を探せる人は、自分のことがよくわかっている人なんです。
だから、自己理解を深めることができると、
自然と自分にふさわしい相手に気づけるようになるはずです。

自己理解を深めるということは、自分の固定概念や恐れに気づいて、
向き合い、取り組む(和解していくと言っても良いかも)プロセスの先にあります。
是非、ワークショップに参加したり、専門家に相談したりするなどしましょう。

ワークショップ等を開催している主な団体については、下記の記事でまとめてありますので、
合わせて参考にしてください。

以上、エニアグラムでタイプどうしの相性(結婚)について紹介しました。
相性については、他にも仕事や親子関係について触れいますので、
よかったら下記の記事を合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. まとめ記事

    エニアグラム タイプ6は「勇気」や「信頼」の人(特徴・仕事・恋愛・有名人のまとめ…
  2. その他

    クリスマスが嫌いなのは「恋人たちのイベントになってるから」
  3. 対人関係

    「孤独感は寂しい」は本当?ひとりぼっちから自由になるためには?
  4. 対人関係

    話が長くなってしまう4つの理由〜話が長い人の特徴を理解して人間関係のストレスを減…
  5. 対人関係

    「誰のおかげで!」と親(夫)に言われたら、依存から自立するサイン
PAGE TOP