知識・知恵

エニアグラム診断テストが簡単にできるサイトはどれ?その精度は?

スポンサーリンク

エニアグラムの診断テストは、質問数がおよそ90問~144問であるのが一般的のようです。
しっかりと診断テストを受けるにはお勧めですが、回答時間に数十分かかる場合もあるので、
もっと簡単なテストがほしいと思うかもしれません。

ここではエニアグラムの診断テストが簡単にできる
サイトの紹介とその精度について紹介していきます。

最小質問数は三者択一が2問の簡易テスト

エニアグラムは、9つの性格タイプによって成り立っているので、
最低でも質問数は9つ必要ですよね。

しかし、エニアグラムの理論を活用すると9つのタイプを
3つのグループに分類することができます。
その性質を利用して、三者択一の質問を2つ用意すると3×3=9タイプになるんです。

したがって、エニアグラム診断テストが最も簡単にできるのは、
質問1(A・B・C)、質問2(D・E・F)という形式にして、
AD・AE・AF・BD・BE・BF・CD・CE・CFという組み合わせで
タイプを判定することなんです。

この形式に従って簡易テストを作成しているのが、下記のページになります。

エニアグラム タイプ診断簡易テスト〜2つの質問でわかる9つの性格タイプ

リソ&ハドソンの理論に基づいたグルーピングを利用している

このグルーピングを可能にしているのが、
故ドン・リソさんとラス・ハドソンさんのエニアグラム理論ですね。

リソ&ハドソンは、現代のエニアグラム研究の世界的第一人者ですが、
彼らの特徴は、古代の伝統的なエニアグラムを現代の心理学と比較研究し、
非常に精度の高い性格タイプ論として確立させたところにあるんです。

日本では、鈴木秀子さんが紹介するエニアグラムがポピュラーですが、
リソ&ハドソンの理論を活用しているわけではありません。
ちなみに、上記に掲載したページはリソ&ハドソンの
エニアグラム理論をベースとして紹介されています。

質問内容の精度がより厳しく問われる

簡易テストにどこまで精度を求めるかにもよりますが、
やはり精度はどのくらいなのか気になりますよね。

エニアグラムの性格診断テストの作成は難しく、
9つの性格タイプの適切な理解が求められます。
90問~144問に比べると基準が更に厳しくなりますよね。

そういった意味でいうと、やはり専門家によって作られた簡易テストの方が
精度は高くなります。

先ほど紹介した簡易テストの質問内容を吟味してみると、
あらゆるタイプや理論と照らし合わせて、
タイプの混同が生じないように作り込まれている
ことが分かります。

また、実際行動や現象に基づいた質問内容にすることで、
回答者の自己感覚や主観的解釈による回答のブレが出ないように考えられています。

以上です。いかがでしたでしょうか?

例えば、エニアグラムの診断テストをビジネスで活用したい人や、
自分のサイトで紹介したい人にとっては、
たとえ簡易テストであっても精度は気になるはずですので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

  • 簡易テストは、リソ&ハドソンの理論にもとづいて作成された、三者択一の質問が2つからなる診断テストが最も簡単にできる。
  • 質問内容の精度が厳しく問われるため、タイプの混同が生じないように作り込まれているテストがお勧め。
スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 対人関係

    「孤独感は寂しい」は本当?ひとりぼっちから自由になるためには?
  2. 知識・知恵

    エニアグラムの資格はどこで取得できる?団体で違うエニアグラムの資格
  3. 対人関係

    エニアグラムで相性が悪いと思えるタイプとの付き合い方は?
  4. お金

    フリーランスは辛い?収入が安定しない不安やストレスとの向き合い方は?
  5. 知識・知恵

    ストレスにお勧めする本は「自分のことがよく分かる本」「頭の混乱から解放される本」…
PAGE TOP