事例

[エニアグラム]タイプ9の有名人〜笑福亭鶴瓶さん「愛される生き方」

スポンサーリンク

エニアグラムの性格タイプをよく知るために、今回は、タイプ9の有名人として
笑福亭鶴瓶さんを紹介します。
国民的芸人として、多くの人から愛される鶴瓶さんの生き方から、
エニアグラムのタイプ9としての素晴らしい面に触れることができます。
タイプ9の生き方に学ぶことで、心が穏やかになりストレスが軽くなるかもしれません。

タイプ9の良い所「安心感や親しみやすさ」

私たちは、知らないうちに相手との間に壁を作ったり、境界線を引いたりしています。
すると、相手が話しかけやすい雰囲気をつくることができないんですね。

タイプ9は、穏やかで、のんびり、ゆったりしている、また、笑顔があり、
愛想の良さがあるので、何処となく安心感や親しみやすさを感じさせてくれる
存在感があります。だから、相手も近づきやすいし、話しかけやすいんです。

だから、鶴瓶さんの場合も、年下や子どもたちでも自然と近寄ってきますし
(中には「鶴瓶」と呼び捨てにするくらい親近感を持っている人も)、
鶴瓶さんも分け隔てなく笑顔で接しているんですね
(あるタイプ9の人の場合は、猫や犬が自然と寄ってくるという人もいます)。

また、タイプ9は受容性や包容力が豊かなので、人を拒まず受け入れる力があります。
相手からすると自分の話を否定されない感じがするので、
とても話しやすい存在なんですね。

タイプ9の資質として、「unity(一体性)」という言葉に象徴された
「みんなつながっている」みたいな感覚があります。
つながっているのだから、相手に対して身構える必要はないし、
受け入れることもできるんですね。

特に鶴瓶さんの場合は、タイプ9の中でもタイプ8寄りの性格タイプなため、
社交的で行動的です。人見知りせず、自分から知らない人に気さくに話しかけているんですね。
また、社会的本能が優先していることから、「みんな友達・家族」のような
感覚を持っているので、いろんな人と関われる素晴らしい面を持っているんです。

タイプ9の良い所「相手を嫌いにならない・憎まない」

普通、嫌なことをされると相手のことを嫌いになることはありませんか?
あるいは、酷いことをされると相手を恨みたくなるようなことはないでしょうか?

タイプ9は人を性善的あるいは肯定的に見ているので、
嫌なことや酷いことをされて「嫌だ」と思うことはあっても、
相手を嫌ったり憎んだりすることはあまりないんですね。

だから、タイプ9の人にとって、相手が「怖い人」とか「苦手な人」にはなっても、
「嫌いな人」「憎い人」にはなりづらいんです。

鶴瓶さんの場合、例えば、ある時、兄弟子の南光さんが松鶴師匠のところに
落語の稽古をつけてもらいに来ていました。そこに鶴瓶さんが行くと、
「あ、鶴瓶が聞いてるから風呂行って稽古しよ」と松鶴師匠が言ったそうです。

まるでいじめとも捉えられかねない一言でしたが、
鶴瓶さんは自分が嫌われているとは思いません。
むしろ、師匠や兄弟子にはとても可愛がってもらったと言っています。

鶴瓶さんの場合、嫌いな人がいないそうです。
嫌いない人がいない理由について、興味深い考えを教えてくれています。

嫌いとかいうのは、やっぱ好きやから嫌いなんやろ、たぶん。なんか気になるから嫌いになってしまうねんけど、やっぱり好きなんやろ、それは」―- 「笑福亭鶴瓶論」より

また、相手を嫌いにならないのは、どんな人に対しても
自然と良い側面を見ることができるんですね。

1カ所だけ切り取って見てしまうと嫌なヤツやけど、そこからちょっと離れて見たら、こいつごっつい才能あるな、ということが、けっこうあるんですよ」―- 「笑福亭鶴瓶論」より

タイプ9の良い所「流れに身をまかせる」

私たちは、人生が自分の計画どおりに進むよう行動したり、努力したりしますよね。
だから自分で流れを作ろうとします。

ですが、流れを作るということは、あるがままの現実を生きることを
恐れているとも言えるんですね。
「予定どおりにいかなかったらどうしよう?」とか
「思い通りにならないとつまらない」とか現実に対してネガティブになってしまいます。

タイプ9は、中国のタオイズム(老荘思想)のような、
自然の流れに身を任せられる悠然とした感覚を持っています。
人生を計画どおりに生きるのではなくて、
自然の流れに対してポジティブになれる資質があるんですね。

鶴瓶さんも、予定調和にない生の面白さをとても大切にしています。
鶴瓶さんとゲスト出演者が即興芝居を繰り広げるバラエティ番組「スジナシ」や、
鶴瓶さんとゲスト出演者が全国をまわって、筋書きを決めずに素人との掛け合いを楽しむ
「家族に乾杯」などがそうですね。

まるで「人生は思いどおりになるから楽しいのではなくて、
起こったことを面白いと思えるから人生は楽しいんだ」と言わんばかりですよね。

いかがでしたか?

鶴瓶さんが多くの人から愛される理由の一部をタイプ9の視点から解説していきました。
いずれも、とても為になることばかりですよね。
他のタイプ9の有名人の例については、下記の記事で紹介していますので、
よかったら見てみてくださいね。

まとめ

  • タイプ9は、穏やかで、のんびり、ゆったりしている、また、笑顔があり、愛想の良さがあるので、何処となく安心感や親しみやすさを感じさせてくれる存在感がある。だから、相手も近づきやすいし、話しかけやすい。
  • また、タイプ9は受容性や包容力が豊かなので、人を拒まず受け入れる力があり、相手からすると自分の話を否定されない感じがするので、とても話しやすい存在。
  • タイプ9は人を性善的あるいは肯定的に見ている。
  • タイプ9は、中国のタオイズム(老荘思想)のような、自然の流れに身を任せられる悠然とした感覚を持っている。人生を計画どおりに生きるのではなくて、自然の流れに対してポジティブになれる資質がある。

Amazon

楽天市場

 

スポンサーリンク

保存保存

保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. お金

    フリーランスは辛い?収入が安定しない不安やストレスとの向き合い方は?
  2. 事例

    安室奈美恵さんの性格・生き方から学ぶ「自分らしさ」「自己信頼」の成功哲学
  3. 対人関係

    都合のいい女をやめる逆転の発想は「都合のいい考えからの解放」
  4. 仕事・職場

    メンタルはコントロールするものではなく、自分を苦しめる特定の考えを理解していくこ…
  5. 仕事・職場

    仕事のストレスによる頭痛は3種類、痛みの要因や対処は?
PAGE TOP