対人関係

コミュニケーションの方法に困った!「何を話せばいいの?」

スポンサーリンク

仕事でお客さんと信頼関係を築かなければいけないとか、
子どものためにママ友と仲良くする必要があるとか、
好きな人と良い関係をつくりたいとか、
コミュニケーションをとらなければならない理由はいろいろあると思います。

そして、なぜコミュニケーションで困っているのか、
その理由として挙げられるのは、例えば
「何を話せばいいのかわからない」ということではないでしょうか。

今回は、コミュニケーションを豊かにする方法について
振り返りながらも、なかなか行動に移せない理由や、
じゃあどうすればいいの?という疑問に対する提案もしていきます。

何かひとつでも得られるものがないかどうか探してみてくださいね。

コミュニケーションを豊かにする手段はたくさんある

コミュニケーションは会話のキャッチボールと言われるように、
相手と自分の話がそれぞれの興味・関心に届くことが求められています。

そのために役立つ手段は、たくさん紹介されていますよね。
試しに思いつく限り列挙してみます。

  • 明るくあいさつをすること
  • 笑顔で接すること
  • 相手の目を見て話すこと
  • 相手の話を途中で遮らないこと
  • 相手の話をよく聴くこと
  • 相手の話に共感すること(気持ちや体を使って)
  • 相手を褒めること
  • 話を論理的に伝えること
  • アイ・メッセージ(自分を主語にする)で伝えること
  • 例え話を活用すること
  • 自分と相手の共通点をさがすこと
  • 自慢話をしないこと
  • オープンクエスチョンを使うこと
  • 雑談から入ること などなど。

コミュニケーションを良くする方法は実にたくさんあります。
自分が今までやっていなかった行動を取り入れたり、
方法のコツを知ることで、会話の質が変わってきます。

上に挙げた手段についても、
ちょっとしたコツを意識することで
相手に与える印象が変わってきます。
また思いつく限り列挙してみます。

  • あいさつをするときは、お腹から声を出す。
  • 笑顔で接するために、事前に口角を数回上げて表情筋を柔らかくしておく。
  • 相手の顔を見るときに、相手の眉間のあたりを見るようにする。
  • 相手の話を心から聴く気持ちで、目と耳と心を傾けるよう意識する。
  • 相手の話を良いか悪いか、正しいか正しくないかといった価値判断をせず、まずはただ受け止める。
  • あいづちやおうむ返しなどの方法で「聴いていますよ。共感していますよ。」という意思を伝える。
  • 相手を褒める切り口やボキャブラリーを増やす。なければ感謝から始める。
  • 話を「事実」「解釈」「気持ち」「相談」に分けて伝える。
  • 「私はこう思う。こう感じる。」と自分を主語にして話して相手を責めない。
  • 「まるで~のよう」と比喩を使ってイメージを共有する。
  • 「私は○○(音楽)が好きなんだけど?あなたはどんな音楽を聴いてるの?」などと聞いて共通点をさがす。
  • 自慢よりも弱み(失敗談など)を開示することで親近感が生まれる。
  • 4W1H(when、where、who、what、how)を使って相手の話を掘り下げる。
  • 天気やニュースといった多くの人が知っている話から入る などなど。
スポンサーリンク

行動はいくらでもある。でも、できないのはなぜ?

これまで例に挙げてきたとおり、
コミュニケーションを豊かにする方法はたくさんあります。
中には、すでにご存知のやり方も含まれていたのではないでしょうか?

では、これだけ多くの方法があるのに、できないのは何故でしょうか。
それは、行動できない背後に隠れている気持ちに気づくとわかりやすいです。

もしかすると、自分の話を受け入れてもらえなかったらどうしようと
不安を感じているかもしれません。
相手に否定されるのが怖いのかもしれません。
ありのままの自分を知られてしまうのが恥ずかしいのかもしれません。
そもそも相手に興味がないのかもしれません。
さらに相手のことが嫌いだからかもしれません。
あるいは、時間や体調などに余裕がなくストレスを感じているからかもしれません。

つまり、行動できない理由がちゃんとあるんです。
それは、良い悪いではなく、自分の身を守るために必要なことです。
いくら解決方法があっても、自分の気持ちがYESとならなければ役立つことはありません。

だから、まずは自分の気持ちを尊重してあげましょう。
紙とペンを用意して、心置きなく紙の上で表現してあげます。

  • 「私は人と話をしたくない。なぜなら、誰も私の話になんて興味がないから。」
  • 「私の話は聞いてもらえない。なぜなら、こんなこと話したら嫌な顔をされるから。」
  • 「私は彼が嫌いだ。なぜなら、彼はつまらない人だから。」
  • 「私は彼女を恐れている。なぜなら、彼女は私に優しくないから。」 など

自分の気持ちと考えを紙の上に出してあげることで、
ときには気持ちが落ち着くことがあります。

また、いろいろと書き連ねていって気持ちが落ち着いてくると、
問題の原因や改善策が浮かんでくることもあります。

そして、本番はこれからです。

自分の考えに問いかけて真実を探求する

そもそも、「誰も私の話になんて興味がない。」
というのは本当なのかと問いかけてみます。

そもそも、「自分の話に興味を持ってもらわなければならないのだろうか。」
自分に問いかけたときに全体にYESと言えるだろうか。

「誰も私の話になんて興味がない。」
という考えを信じているときは、どんな感じがするだろうか。
みじめな気持ちになるし、誰とも話したくなくなるかもしれない。

じゃあ、「誰も私の話になんて興味がない。」
という考えがなければどうなるだろうか。

もしかしたら、相手に興味を持ってもらわなければいけない
と意識しすぎた結果、自分を見失っていたかもしれない。
「結局、興味を持つかどうかは相手次第だもんな。」と
無理にこだわる必要もなくなるかもしれない。

ストレスでマイナス思考になっていた自分が、
我に返ってニュートラルな状態に戻ると、
今まで感じていた気持ちのさらに奥にある気持ちに気づくかもしれません。

それは、「この人は、なんで私と違ってそんなことするんだろう?」
という好奇心や興味かもしれません。
あるいは、本当は仲良くしたいという気持ちに気づくかもしれません。
相手に気に入られるために自分を良く見せようとして、
かえって自分の良さを見失っていたことに気づくかもしれません。
自分をよく見せる必要はないと気づき、
普段どおりの自分でいようと思うかもしれません。

まずは「ニュートラルな状態」をキーワードにしよう

ストレスを生む考えから解放されて
自分がニュートラル(中立)な状態に戻れば、
何をすればいいか自然とわかります。

必要な行動にも取り組めるようになるし、
必要でない行動もわかります。

素晴らしい行動も、それを受け入れる器が整っていなければ、
その効果を発揮することが難しくなります。

まずは、相手軸になっていた自分の考えから解放されて、
ニュートラルな自分(自然体な自分)に戻ることから意識してみましょう。

そのためには、自分の考え(ビリーフ)を書き出し
問いかけることをお勧めしていますので、よかったら試してみてください。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 知識・知恵

    イライラを解消する方法が見つからないときに見直したいこと
  2. まとめ記事

    エニアグラム タイプ6の有名人(芸能人・スポーツ選手等)のまとめ
  3. 仕事・職場

    イップスを克服して野球ができるようになるためには?
  4. 対人関係

    理不尽な人との付き合い方は「現実との付き合い方」にある
  5. 対人関係

    上司が嫌いで、つい無視してしまうのをやめて建設的に関わるには?
PAGE TOP