知識・知恵

ストレスチェックが無料で簡単にできる「ライフイベント ストレスチェック」

sponsored

ストレスに対して「鈍く」なることと「強く」なることは違う

普段、私たちの多くは、自分の生活や人生にとって
「これが普通だ」「こんなもんだ」と思っています。

「確かにストレスになることはあるけど、
これが自分にとっては毎日のことだし普通だよ。」といった感じです。

あまりにストレスなことが慢性化しているため、
自分がどれほどストレスなのか
認識が鈍くなってしまっているのかもしれません。

慢性化によってストレスに対して鈍くなることは、
ストレスに強くなることとは違います。積み重なると、
場合によっては病気につながる危険性があります。

現代においてストレスは、最悪、死を招く恐れがあるのです。
(病気や死につながるストレスは、「キラーストレス」と呼ばれています。)

人生のターニングポイントではストレスを感じやすい

特に、大きなイベント(出来事)があったときに
体調不良や病気を招くほどのストレスが起こりやすくなっています。

身近な人の死や離別、大きな病気や怪我、
キャリアチェンジ、大きな損失を招く失敗、
人間関係のトラブル、住居や働く環境の変化など、
人生のターニングポイント(転換点、分岐点)を迎えたときに
ストレスを感じやすいものです。

過ぎたからもう大丈夫だと思っていても、
気づていないだけでストレスな影響が残っていることがあります。

ライフイベント ストレスチェックとは?

今回は、NHKスペシャルで話題になった
キラーストレスのテーマで出てきた
「ライフイベント ストレスチェック」について紹介します。

ライフイベント ストレスチェックでは、
ストレスを与える65項目のイベントを点数化し、
基準以上の点数が出た場合に、
ストレスによる病気になる可能性があると診断します。

元々はアメリカで開発された「社会的再適応評価尺度」
というストレス評価の方法を、
大阪樟蔭女子大学の夏目誠さんたちのグループが、
日本人を対象とした調査・研究をベースに作り直したものです。

ライフイベント ストレスチェックでは、
先ほどの死別、病気、失敗といったネガティブなイベントだけでなく、
結婚、家族が増える、昇進といったポジティブなイベントについても
ストレスの項目として挙げられています。

つまり、人生におけるターニング・ポイント(転換期、分岐点)を迎え、
これまでの慣れ親しんだパターン(環境や関係性など)を
手放さなければならなくなった時にストレスになるということです。

ライフイベント ストレスチェックの良いところは、
ストレスの要因を仕事や家庭だけでなく
幅広い視野で診断することができる点です。

sponsored

仕事の問題の原因が仕事にあるとは限らない

ストレスを抱えた人にカウンセリングをしていくと分かりますが、
例えば、仕事の相談だと思っていた問題が、
よく話を聴いて問題を深掘りしていくと、
実は家庭での夫婦の不和がストレスになっていて、
それが仕事にまで影響を及ぼしていたということがあります。

そういった意味では、
自分が何によってストレスになっているのかを
広い視点で見極めることができるので、
効果的にストレスを解消できる可能性が生まれます。

ライフイベント ストレスチェックは、
NHKのサイトで公開されています。

クリックすると自動で採点してくれるので、
簡単に受けることが可能です。
よかったらこの機会に是非受けてみてください。

link : NHKスペシャル「キラーストレス」より「ライフイベント ストレスチェック」

sponsored

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 対人関係

    面倒くさい人との付き合い方・対処に効く3つの取り組み
  2. 対人関係

    会社が辛い!行きたくない!休む前に5つのステップで対処
  3. 対人関係

    子供が言うことを聞かないとき、あなた自身がコントロール不能になっている
  4. 対人関係

    性格の相性が悪い相手との関係を見直す3つのステップ
  5. 対人関係

    上司に「嫌いだ」と言われたら、嫌われないようにするのをやめよう
PAGE TOP