仕事・職場

「仕事のモチベーションが上がらない」気持ちをクリアにする方法は?

スポンサーリンク

仕事のモチベーションが上がらないとき、
あなたは何を考え、どのように感じるでしょうか?

落ち込み、気だるさ、悲観的といった気持ちになるかもしれません。
そして、なぜ自分はこんなに仕事に対して
モチベーションが上がらないのか、その理由は何でしょうか?

私たちは、自分の考えがクリアな状態であれば、
仕事のモチベーションについて悩むことはありません。

なぜなら、現実として目の前に仕事があるだけだからです。
仕事についてあれこれとストーリーを被せなければ、
仕事は自分にとって、ただやるべき事だということがわかります。

仕事のモチベーションが上がらないという言葉を聞くと、
きっと違うことについて何かストレスな考えを信じているはずだと思うのです。

生活のためにやっている

自分が生活のために働いているだけなのであれば、
モチベーションが下がるはずがありません。
なぜなら、仕事をすることで生活できているからです。

仕事は生活のためであって、それ以外の面白みも楽しさも
感じていないと考えるのであれば、それは、
仕事に楽しみを求めているから感じるものです。

「この仕事は面白くない」という考えを信じているとき、
どんな気持ちになりますか?
仕事に対してどんな態度になるでしょうか?

仕事が面白くないという考えを信じていると、
その考えを正当化する証拠ばかりが目につくはずです。
また、自分にとって理想の仕事像を持っていることに気づくかもしれません。

正当に評価されていない

自分の仕事が正当に評価されていないのに、
「私の仕事はもっと評価されるべきだ」
という考えを信じていると、どうなるでしょうか?

イライラしたり、不満を感じたりするかもしれません。
働くことが嫌になり、転職を考えるかもしれません。
上司は正しく人を評価できない人だと上司を責めるかもしれません。

その考えは何をもたらすでしょうか?

私たちは現実と戦うことで怒り、感情的になり、疲弊します。
ですが、上司の評価が正しくないと本当に言い切れるでしょうか?
あるいは、上司から評価されなくても
あなたが大丈夫な理由は見あたりませんか?

職場の人間関係がよくない

「彼は自分勝手だ」
「彼女は約束を守らない」
「上司は厳しい」
「みんなもっと機嫌良くコミュニケーションを取るべきだ」
と他者に対してジャッジしていると良い感じがしません。

自分にとって働きやすい環境を求めるとどうなるでしょうか?

全員がそれぞれ働きやすいように働いています。
機嫌良くしたい人は機嫌良く、不機嫌な人は不機嫌です。
「あなたはもっとこうするべき」と自分にとって
働きやすい環境をつくるため、お互いがお互いをジャッジしています。

「私は普通に働いているけど、みんなもっとお互いの関わり方を
何とかした方が良いよね。」と思っているかもしれません。
あなたが他者と関わるときに、自分がどう関わっているか注意を払った時、
何に気づきますか?

モチベーションを上げて消耗するのは、
モチベーションが上がらない考えを信じていている状態で
動こうとするからです。

自分の意思とは違うことをすると疲れ、反動でやる気を失うのです。
だから、自分が信じている考えについて問いかけることがオススメです。

下記のワークの事例は、自分の仕事に魅力を感じられず
モチベーションが上がらない会社員の男性についてのワークです。

思考がクリアになればモチベーションが失われるということはありません。
ワークを通じて彼が気づいたのは、自分自身の魅力についてでした。

スポンサーリンク

ワークの事例「私の仕事は魅力がない」

「私は、今の仕事についてうんざりしている。
なぜなら、私の仕事には魅力がないから。
もっと大きな仕事がしたいのに、毎日、小さい雑用ばかりで
やりがいがないから。働かされる割には給与も安いから。
人から評価される仕事でもないし、褒められもしないから。」

「私の仕事は魅力がない」ーーーそれは本当でしょうか?

「はい」

「私の仕事は魅力がない」ーーーその考えが本当であると絶対に言い切れますか?

「正直な話、私の仕事は地味な事務仕事だし、
あまり人や世間から注目や評価されるような仕事じゃありません。
もうずっと『雑用』って感じで、あまり会社の売り上げに
貢献している感じがしません。
元々私がやりたい仕事ではないこともあります。
やっぱり『はい』です。」

「私の仕事は魅力がない」ーーーその考えを信じる時どのように反応しますか?

「気持ちが重くなります。今の仕事に対して
モチベーションが上がりません。
毎日楽しくないし、お金の為だけに働いている感じで、
人生を損している気がしてきます。」

「体も重苦しい感じです。転職して
自分がやりたい仕事につきたいなって思います。」

「私の仕事は魅力がない」ーーーその考えがなければどうなりますか?

「呼吸が深くなってスッキリします。ていうか今、
私は呼吸が浅かったんですね。気がつきませんでした。」

「魅力がないという考えがなければ、
目の前の仕事に対して何も嫌な感じはしません。
ただ、目の前のやるべき事をやるだけって感じがします。」

置き換え例①「私の仕事は魅力がある」

「一歩後ろに引いて客観的に見てみれば、
私の仕事は会社の生産性に貢献する潤滑油のような仕事ですね。
私が仕事をすることで私と関わる人たちの仕事がスムーズに捗るとか、
困っていることが解決するとか、生産性が上がるとか。」

「割と会社の中で横断的に、色んな部署の人と関われるので
社内事情には詳しくなれますから、会社全体のことを考えられるのは
この仕事の魅力ですね。」

置き換え例②「私の考えは魅力がない」

「自分の仕事に魅力を見出せないのは、
私が『面白くない仕事だ』とか『評価されない仕事だ』と考えているからですね。
仕事に対する自分の理想や欲求を求めると、
目の前の仕事が途端に面白く無くなってしまいます。
ある意味、現実を見ていないんですね。」

「だから、私の考えが魅力的でないときは、
『現実を見ていないんだ』って気づけるようになります。
『自分は今何を考えているんだろう?』って
自分に問いかけることができるようになります。」

「『こんな仕事をしている自分はダメだ』って思ってしまっていました。
『こんな自分でも大丈夫』って考えられる自分の方が、
気持ちが楽だし魅力的だなと思います。」

仕事に対するあなたの考えが魅力的になる

自分にふさわしい仕事、ふさわしい職場というものは、
宝くじにお金を投資するようなものです。
自分で当たりを引くことができないので、ほとんど希望がありません。

しかし、宝は自分自身の考えにあると気づけば、
宝くじに当たろうが外れようが、幸せを感じることができます。

自分をストレスにする考えに問いかけることで、
仕事が魅力的になるのではなく、仕事に対するあなたの考えが魅力的になるのです。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 対人関係

    彼女ができないと諦めるのは悪いことじゃないと思う理由
  2. 知識・知恵

    エニアグラム タイプ6の「不安」って?不安を感じにくいタイプ6も含めて
  3. 対人関係

    ふてくされる部下にどう接したらいい?イライラしなくてすむ接し方
  4. 仕事・職場

    エニアグラム タイプ6の適職・職業に求める「安定」とは何か?
  5. まとめ記事

    「言った!言わない!」の水掛け論の悩みに役立つ[まとめ記事]
PAGE TOP