知識・知恵

ネガティブ思考を治す〜悩み別お勧め記事6選[まとめ記事]

スポンサーリンク

「不安でこのままでは生きていけない」「自信がない」「人から必要とされていない」
「誰もわかってくれない」「怒られるのが怖い」など、ネガティブな思考で
苦しんでいる人に多い悩みを克服するためにお勧めする記事をまとめました。
これを読んで少しずつ取り組んでいくと、ネガティブ思考も改善してくるはずなので、
紹介します。

ネガティブ思考①「不安でこのままでは生きていけない」

不安から来るストレスは、将来について良からぬことを想像したときに起こります。
想像が漠然としていて、どうなるかわからないものに怖れを抱いて消耗させられてしまいます。
こうした不安から来るストレスから解放されるためには、自分の安心を支えてくれている
(と信じている)考えを探求することがお勧めです。
食べ物やお金や保険がなければ生きていけないという考えに問いかけ、
考えが幻想だったと気づくことで不安が消え去ることがわかります。

ネガティブ思考②「自信がない」

誰しも自信が持てないときはありますが、
それが長い間続くと心に大きな負担を与えてしまいます。
今回は、自信を失ってしまう原因とその克服法についてご紹介します。
これを読んでいるあなたは、きっと自分に自信を持ちたいと思っているはず。
もしくは、自信を持てない誰かを助けたいとはずだと思って記事を書きます。
1つでも役に立つことがあれば是非やってみてください。

ネガティブ思考③「人から必要とされていない」

自分には、人から好かれるような見た目でなければ、長所もない、お金もない。
仕事や恋愛もうまくいかないし、人に自慢できるようなこともない。
むしろ、嫌われているし、必要とされていないと考えてしまうとき、つらく、悲しく、
自分の価値なんて感じないと落ち込むかもしれません。
身体は重く、何もやる気がおきなくなり、学校や職場にも行きたくなくなります。
人と会うことが苦しくなり、関わりたくなくなるものです。

ネガティブ思考④「誰もわかってくれない」

「誰もわかってくれない」という状況は、孤独で、希望がなく、とても傷つくものです。
「他者から承認されたい」という心理的欲求が満たされないと人は苦しみます。
それは、仕事や人間関係など至る所で起こります。
場合によっては、うつ病になってしまうほどです。
では、苦しみから自分を解放するためにはどうすれば良いのでしょうか?

ネガティブ思考⑤「怒られるのが怖い」

「怒られたくない」「怒られるのが怖い」というのは悲痛な叫びのようなもの、もしくは、火傷のようなものです。少し触れられるだけでも痛みを感じて身を引きたくなります。もうこれ以上、傷つきたくないんです。ですが、そんな人でも自分自身への「問いかけ」を通じて、恐れから解放される場面を見てきました。その事例を紹介します。

ネガティブ思考⑥「否定されるのが怖い」

「否定されるのが怖い」「否定されるとムカつく、怒ってしまう」
「否定されると傷つく・死にたくなる」自分を否定されるというのは嫌なものです。
なぜ人から否定されるのが怖くなってしまうのか?
そして、否定されないよう生きるのではなく、
どうすれば人から否定されても嫌になることがなくなるのでしょうか?

いかがでしたでしょうか?
ネガティブ思考から抜け出せるようになると、自分の人生が豊かになるので、
ぜひ取り組んでみてくださいね。
このサイトでは、他にも様々なストレス(仕事、お金、対人関係、体など)に役立つ情報を
扱っていますので、よかったら他の記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 事例

    浜崎あゆみさんの性格・生き方から学ぶ〜タイプ6「等身大の自分でいること」
  2. 対人関係

    彼氏が忙しいときに「寂しい」と感じない自分の見つけ方
  3. 仕事・職場

    エニアグラム タイプ6の適職や向いている職業は「公務員」や「会社員」なの?
  4. 山口達也さん(TOKIO)の飲酒問題から見る「ストレスとアルコール依存」
  5. 知識・知恵

    思い込みをなくす方法〜あなたを目覚めさせる真実への問いかけ
PAGE TOP