対人関係

馬が合わない人(上司・先輩・親)との付き合い方は?〜3つの本能から学ぶ

スポンサーリンク

人と付き合う限り、誰にでも「馬が合わない人」はいるはずです。
上司・先輩・親だけでなく、恋人でも馬が合わないことがありますが、
「なぜ馬が合わないのか?」という問いには、
エニアグラムの「3つの本能」の理論が役立ちます。

お互いの違いを知った上で、より良い関係を築くためにお勧めする内容を紹介します。

お互いに優先するものが違うと馬が合わない

「馬が合わない」とは、「相性が悪い」とも言えますが、
馬が合わないというのは、単純な好みの問題ではなく、
例えば、仕事のしかたや生活スタイルなどにおける、
お互いの優先順位が違うために摩擦や衝突が起こるという話を中心にしていきます。

仕事や生活において、生きていくために自分が何を優先するかは重要なことです。
仕事も生活もうまくいきたいし、逆に言えば、仕事や生活で苦しみたくはありません。
でも、自分と相手の優先順位が違うとトラブルに発展しやすいんです。

馬が合わないのは「生存本能の優先順位の違い」によるもの

簡単な例で言うと、例えば、お金の使い方ですね。
ある日、お父さんの収入が銀行に振り込まれました。
すると、お父さんは「人付き合いに必要な交際費に使いたい。」、
お母さんは「いざという時のために貯金して残しておきたい。」、
息子は「オシャレな服を買うのに使いたい。」
とそれぞれが主張するようなものです。

リソース(お金や時間など)が限られているとき、
それを何に使うかは人によって異なりますが、
性格タイプ論エニアグラムの中にある考え方「3つの本能」では、
自分が3つの本能の内でどの本能を優先しているかがわかると、
生存する上で何を優先するかがわかるようになっているんですよ。

つまり、お互いの優先する本能が違えば、
馬が合わないことが起こってくるということも言えるんです。
これから、3つの本能について簡単に紹介していきますね。

エニアグラム~3つの本能とは?

エニアグラムの中で語られている「3つの本能」は、
現代のエニアグラム研究の第一人者であるドン・リソさんと
ラス・ハドソンさんが発表した理論です。

人間は生きるために必要な本能(生存本能)を持っています。
その中には「自己保存的本能」「性的本能」「社会的本能」の3つが含まれていて、
この3つの本能における優先順位の組み合わせの違いによって、
生きる上で何を優先するかという特徴が表れてくるんです。

自己保存的本能とは

「自己保存」とは、自分の体を安全で快適に保つことを意味します。
自分の体を外的から身を守り、快適(心地よく)に過ごせるように、必要なことをします。
逆を言うと、自分の身が安全でない、あるいは、心地よく過ごせないと感じると
ストレスを感じるんです。

誰もが自己保存的本能を持っていますが、中でも自己保存本能が優先する人は、
例えば、食べ物や生活用品のストックを切らさないにようするかもしれません。
あるいは、身の回りを快適な状態に掃除したり整えたりするかもしれません。
あるいは、万が一の時に備えてお金を蓄えたり、保険に入ったりするかもしれません。
あるいは、誰かといるよりも、自分の時間、自分の空間を大切にするかもしれません。

性的本能とは

「性的」とは、元々は種の存続から意味が来ています。
それは必ずしもセックスを意味するものではないんですが、
動物の求愛行動をイメージすると、相手を惹きつけるために自分を良く見せようとしますよね。
魅力的な相手とつながろうとするし、自分も魅力的であろうとします。

全ての人が性的本能を持っていますが、中でも性的本能が優先する人は、
例えば、快感を求めて刺激的で強烈な体験を好むかもしれません。
あるいは、1対1で親密な関係を求めるかもしれません。
あるいは、周りが目に入らなくなるくらいに集中したり没頭したりするかもしれません。
あるいは、自分にとって魅力的な人や物はないか、
ハンターのような強い目力(めじから)を光らせているかもしれません。

スポンサーリンク

社会的本能とは

「社会的」とは、必ずしも社会に関心があるとか、社交的であるという意味ではありません。
元々は、種が存続するためにお互いが協力するというところから来ています。
種が存続するために、場やグループや社会の中で、自分がどんな役割を担えばいいのか、
どうしたら適切でふさわしい貢献ができるか、といったことに関心があります。

(そのために世界で何が起きているかを知ることは重要です)

全ての人が社会的本能を持っていますが、中でも社会的本能が優先する人は、
人と人のつながり(ご縁や絆など)を大切にするため、
挨拶やお礼や返事を欠かすことはないかもしれません。
あるいは、私心よりも、場やグループがうまく機能することを優先させ、
必要な役割を引き受けるかもしれません。
あるいは、何らかの社会貢献に関わるようにしているかもしれません。

優先する本能が違う人と付き合って起こる摩擦

3つの本能について簡単に紹介しましたが、
これだけでも生きる上でお互いが何を大事にしているか違いがわかりますよね。

中でも、優先する順位が違う人と付き合うと、
求めるものの違いが浮き彫りになりやすいので、
場合によっては摩擦や衝突に発展してしまいます。

例えば、社会的本能が高い上司が、チーム内の親睦を深めるために
(良かれと思って)飲み会を企画しました。
ですが、自己保存本能の高い部下は、
仕事が終わったら家に帰って充電(自分の時間をつくる)したいので、
飲み会と聞くと嫌になってしまいます。

あるいは、例えば、あるイベントの懇親会の席で、
性的本能の高いスタッフが一人の参加者とずっと話し込んでいます。
そして、隣では誰とも話さず一人になってしまっている参加者がいることに気づきません。
社会的本能の高いスタッフがそれを見ると、
「隣の参加者が孤立してしまってるじゃないか」とイライラしてしまいます。

これらの例は、自己保存的本能が優先しているから単純に飲み会が嫌だということでも、
社会的本能が優先しているからイラっとするわけでもありませんが、
よくこういった傾向が見られるということです。

優先する本能が違う人との付き合い方

優先する本能が違う人との付き合うために大切なのは、
どの本能のタイプであっても悪気があってやっているわけではない
と理解することが助けになるんです。

生存本能に関わることなので、実はとても切実なことなんだとわかると
尊重する気持ちも生まれてくると思うんです。

そして、自分自身の取り組みとしては、自分の優先する本能に執着すると、
相手との摩擦の元になるので、自分の考えに固執しないようにしてください。

ストレスが強くなってくると、自分の考えが正しく、相手が間違っていて、
自分のニーズを満たそうと強く相手に要求したり、
相手に対して攻撃的になったりしてきます。

その背景には、相手が自分のニーズを満たすことを、
まるで邪魔しているかのような錯覚にとらわれが隠れています。
自分の状態に気づいて深呼吸し、リラックスして落ち着きましょう。
必ずしも欲求を満たさなくても大丈夫であることを確認してください。

例えば、先ほどの例で挙げた、自己保存本能の高い部下は、
飲み会に参加するよりも家に帰って充電したいのですが、
もちろん上司は部下に対して悪気があって誘っているわけではないと理解しつつ、
本当に家に帰らなければならないほど余裕がないのか自分に問いかけます。

飲み会に参加すれば、チーム内の親睦が深まり、
より良い仕事につながるかもしれない可能性を感じられれば、参加するかもしれません。
あるいは、余裕がなければ、上司に対して感謝を言った上で、
自分が家に帰りたい理由を誠実に伝えます。

馬が合わないというと、つい相手の嫌な部分にばかり意識がいってしまいますが、
本当は自分の余裕次第なんです。
相手とうまく付き合う一番のコツは、自分自身との付き合いを良くすることなんですよ。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ビリーフチェンジをしないワークの効果と方法〜ストレスが自分を手放す
  2. 「言った!言わない!」の水掛け論の悩みに役立つ[まとめ記事]
  3. イライラする人への対処法〜心理・特徴・付き合い方など[まとめ記事]
  4. ビリーフとは?その意味とストレスな考えを生むメカニズムを解説
  5. 親へのストレスで鬱(うつ)を防ぐ・解消する[まとめ記事]

関連記事

  1. 対人関係

    都合のいい女扱いなら別れた方が良い?彼との関係の見直し方は?

    もうずっと彼が優しくなくないし、話も聞いてくれない。こちら…

  2. 対人関係

    親の期待に応えられない苦しみから自分を解放する方法は?

    子供にとって親は大切な存在です。親を悲しませたくないし…

  3. 対人関係

    性格の相性が悪い相手との関係を見直す3つのステップ

    人間関係が長続きするポイントとして相性が取り上げられることがあ…

  4. 対人関係

    話を聞かない人(老若男女)とのストレスのない上手な向き合い方

    話を聞かない人というのは、男女・親子・上司部下・彼氏彼女・…

  5. 対人関係

    「上司に評価されない」とやる気をなくしたときに自分に問いかけたいこと

    頑張ってノルマをこなし上司の期待に応えたかと思えば、予想外…

  6. 対人関係

    彼女ができないと諦めるのは悪いことじゃないと思う理由

    年齢が30も40も超えてくると、彼女ができないことに諦めを感じ…

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 対人関係

    浮気をされても「後悔しない・恨まない・責めない」心の持ち方
  2. 対人関係

    人間関係に疲れたときに知っておいてほしい「投影」という心理メカニズム
  3. 知識・知恵

    ストレスで泣く自分はうつ病?涙を流しても鬱々としないために
  4. 対人関係

    「上司に評価されない」とやる気をなくしたときに自分に問いかけたいこと
  5. 仕事・職場

    イップスの症状や原因は?イップス経験者が語るリアルな悩み
PAGE TOP