仕事・職場

個性の意味は?「個性がない」と悩む人が自分らしさを見つけるヒント

スポンサーリンク

今まで自分の個性について深く考えたこともなかったけど、
面接で聞かれるものだから応えなくちゃいけない。
かといって、「私の個性ってなんだろう?」と考えると、
どんどんモヤモヤした深みはまってストレスになってしまう。

「個性がない」と悩んでいる人のために、
個性の意味や自分らしさについて考えていきたいと思います。

「個性」が違う言葉に置き換えられる

「個性」という言葉を調べるとこんな感じの意味が出てくると思います。

  • 他の人とちがった、その人特有の性質・性格。個人の特性。
  • 個体に特有の性質。

「他の人とはちがった」とか「特有の」という事であれば、
自分だけにしかない性質や性格は何だろうと考えるかもしれません。

シンプルに考えれば、自分の外見(顔、体型など)なんかはそうだし、
自分と全く同じ性格の人もいません。歩んだ人生だって違います。
そういう観点からすれば、特別なものを見つけなくても、
あなたが存在しているだけで個性があるということになります。

では、なぜ「個性」という言葉で悩む必要があるのかというと、
「個性」という言葉を違う言葉に置き換えてみると
分かりやすいかもしれません。

教育にとっての個性とは長所や素質

例えば、ある学校の教育理念として
「生徒ひとりひとりの個性を育む教育」というものがあったとします。

もし、存在しているだけで個性的なのであれば
個性を育む必要はありません。
ですが、「自分が受けたい授業を選択できますよ」とか
「海外留学することができますよ」といったことであれば、
「自分が興味あることや好きなことを学んで長所や素質を伸ばすこと」が
個性の意味になると思います。

個性という言葉の背景には、学びを通じて成長し、
他の人と比べて優れた長所や素質を開花させようとする考えがあるわけです。

社会人にとっての個性とは独自の強みや価値

個性という言葉も人生のステージによって
意味合いが変わってくると思います。

社会人になると仕事が関係してきます。
ビジネスパーソンに求められる個性とは、
会社員もフリーランスも経営者もそうですが、
「あなた独自の強みや価値」だと思います。

単に得意なことだけでは個性として認められず、
生産的な価値を生むことができるかどうかが求められてきます。

言い換えれば、社会や他者が「面白い」とか「欲しい」
などと思えるような、あるいは、他者競合との間において
優位性を保てるような強みや価値です。

会社や社会に貢献できるような価値といっても良いでしょう。
どんなに人と違った性質であっても、必要とされ、
求められる価値がなければ個性として認められなくなってしまいます。

人と違うことを求めるのは「自分らしさ」とは違う

「個性がない」と悩む人が、なぜ悩むかというと、
学生にとっては、自分の長所や素質を伸ばすと言っても
何が自分の長所や素質なのかがわからないし、
自分は何が好きで何に興味があるのかも
イマイチわからないからかもしれません。

社会人にとっても、自分独自の強みは何で、
自分には会社や社会に貢献できるような価値が
何かわからないからかもしれません。

すると、他の人と比べて、私の長所や価値と言えるものが
見つからなければ「人とは違う何か見つけなければ」
と思うかもしれないし、見つからないと今度は
「人とは違う何か作らなければ」と思うかもしれません。

結局、そのままの自分でいることができず、
人と違う何者かになろうとすることになります。

それは、なかなかストレスな生き方なのです。
なぜなら、「人から必要とされなくなったらどうしよう?」
という孤独に対する不安を生むことになるからです。

スポンサーリンク

個性に気づき自分らしく生きるためには

他人と比較して個性を探すのではなく、自分の中の特徴を比較して個性を見つける。

では、どうすればいいのか?というと、
まずあなた自身はそもそも個性的な存在なので安心してください。
ただ、外部から求められる個性というのは、
他者に必要とされる、あるいは社会に貢献できる
「長所や素質」「独自の強みや価値」のことを指しているので、
これはこれで考えましょう。

私がオススメしているのは、「他人と比較しないこと」
「自分の中の色んな傾向性を比較して見つけること」です。

他人と比較すると自分より優れている人はいくらでも出てくるので、
個性として感じられにくいものです。
だから他人と自分を比べるのではなく、自分の中で比較するのです。

「私は人と積極的に関わるよりかは、ひとりで黙々とものづくりを
している方が好き、あるいはできる。」といったように、
自分の中の傾向性を見ていきます。

もし見つけたら、自分の中で育てていきましょう。
他人とは比べないで。
もし比べるなら昨日の自分と今日の自分を比べます。
そうして小さく成長していくと、ある日気がついたら
他者よりできるようになっていたということです。

他者の期待に応えるのを止めると、自分の生き方ができるようになる。

外部から求められる個性というのは、あくまで自分の個性の
一部分にしかすぎないと心がけましょう。
たしかに他者の期待に応えると喜ばれ必要とされます。
ただし、他者の期待は変化するし上限がないとうことを
知っておきましょう。

他者の期待に応えることで安心を求めていると、
自分が望んでいることが分からなくなってきます。

他者の評価をもって自分の価値を図るようになります。
しかし、そんな自分が他者の限りない期待に応えるのは
ストレスなものです。

自分の人生は自分で作っていけると知ることが大切です。
自分の居場所は自分で作ることができるのです。
他者の期待に応えるのではなく、自分が自分の期待に応えましょう。
それが主体的な生き方につながっていきます。

オープンマインドで性格のパターンから解放されると自分らしくなる

あなたは自分自身に対してどれくらい理解を持っているでしょうか?
あまりにも身近で当たり前すぎて、自分がどんな人間なのかを
客観的に把握する機会がなかったかもしれません。

個性というものは、とても豊かで奥深いものです。
自分の体の内側には、広大でミステリアスな内面(精神)の世界が
広がっています。

オープンな気持ちで色んな体験をし、
そこから学んで、自分を知ること、自分と他者の違いを知ることは、
自分らしさを知るためのきっかけになります。

私たちは、無意識のうちにパターン化した思考や
行動をしていることに気づいていません。
そういった心のクセを知り、パターンから自由になることで
生き生きと生きることができます。
より自分らしいと感じられるようになるものです。

私は、エニアグラムという性格タイプ論を通じて、
自分が陥っている性格のパターンに気づき、
そこから自由になることを学びましたので、
こちらの記事で概要を紹介しています。

いかがでしたでしょうか。個性の意味がわかれば、
少し安心していただけたのではないかと思います。
他人から求められる個性というのは、
あくまであなたの個性の一部でしかありません。

個性に悩むというのは、ある意味、
自分の生き方を考える良い機会という考え方もあります。

この機会に自分に対する理解を深め、
自分の生き方を考えていきましょう。

まとめ

  • 特別なものを見つけなくても、あなたが存在しているだけで個性がある。
  • 「個性」という言葉を違う言葉は、「長所や素質」「独自の強みや価値」に置き換えてみる。
  • 人と違う何者かになろうとするのはストレスな生き方になる。
  • 「他人と比較しないこと」「自分の中の色んな傾向性を比較して見つけること」
  • 他者の期待に応えるのではなく、自分が自分の期待に応えよう。
  • 心のクセを知り、パターンから自由になることで自分らしくなっていく。
スポンサーリンク

保存保存

ピックアップ記事

  1. 恋愛の悩みでありがち11選〜彼氏・彼女に対するストレスと対処[まとめ記事]
  2. イライラする人への対処法〜心理・特徴・付き合い方など[まとめ記事]
  3. 上司が嫌い!会社がストレス!で悩んだとき〜ケース別まとめ[まとめ記事]
  4. 親へのストレスで鬱(うつ)を防ぐ・解消する[まとめ記事]
  5. 「言った!言わない!」の水掛け論の悩みに役立つ[まとめ記事]

関連記事

  1. 対人関係

    ふてくされる部下にどう接したらいい?イライラしなくてすむ接し方

    部下に向かって注意をしたら、まるで自分は悪くないと言わんば…

  2. 対人関係

    「聞いてない!」と上司に怒られる時、上司はあなたを恐れている

    上司とのトラブルで起こるのは、伝えたはずの話に対して「そん…

  3. 知識・知恵

    イライラを解消する方法が見つからないときに見直したいこと

    物事が思い通りに進まなくてイライラしたり、理不尽なことに出…

  4. 仕事・職場

    「毎日同じことの繰り返し」という自動思考の落とし穴から抜け出すには?

    仕事にやりがいを感じられず、毎日同じことの繰り返しでつまらない…

  5. 対人関係

    会社が辛い!行きたくない!休む前に5つのステップで対処

    仕事って本当に大変ですよね。仕事をしていると本当に毎日…

  6. 対人関係

    性格分類論を活用してモヤモヤをすっきりさせるための5つのポイント

    本人の性格は本人が一番よく知っているつもり。でも、実際に「…

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 仕事・職場

    ゾーンの状態をつくるには?スポーツで集中するためのフロー・マネジメント
  2. 対人関係

    怒られるのが怖い人が、恐れから解放される「問いかけのちから」とは?
  3. お金

    ギャンブルをやめたいなら「自分の考え」に依存するのをやめること
  4. 対人関係

    性格の相性が悪い相手との関係を見直す3つのステップ
  5. まとめ記事

    「言った!言わない!」の水掛け論の悩みに役立つ[まとめ記事]
PAGE TOP