食べ過ぎてしまうストレスの原因と対策の鍵は自分の考えと関係している

スポンサーリンク

ついつい食べ過ぎてしまうのをやめたいけれど、
やめられなくて困っているとき、どうすればいいのでしょうか?

たしかに食べ過ぎてしまうのもストレスですが、
美味しいものをたくさん食べて満たされた感覚になることを
やめなければならないストレスもあります。

今回は、食べ過ぎによるストレスの原因と対策について紹介していきます。

どうして食べ過ぎてしまうの?

「人間のメカニズム」から見る食べ過ぎの理由

食べ過ぎてしまうメカニズムについての情報は、
よく紹介されています。

血糖値が上昇し、人が満腹感を感じるまでには、
およそ20~30分を要すると言われています。

だから、20分未満で食べきってしまう
(よく噛まないこと、早食いしてしまうこと)と、
物足りなかったり、満腹感を感じるまで
食べてしまったりしてしまいます。

また、ストレスがたまると、空腹になったときに分泌されるホルモンと
同じホルモンが分泌されてしまう
ため、お腹が空いていない状態なのに
お腹が空いたと錯覚してしまい、つい食べ物に走ってしまうのです。

改善の方法は、いたってシンプルで、
今挙げたことの反対の事をすることです。

食事の時は「ゆっくり」「よく噛んで」「味わいながら」食べること、
ストレスを感じたら気分転換やストレスの解消に努めることです。

しかし、分かっていてもできないことが多いのは何故なのでしょうか?

食べ過ぎてしまうのは「考え」に執着しているから

ダイエットの問題、健康の問題、私たちは体の問題について
考えるとき、体そのものについて問題を解決するには
どうしたら良いかばかりを考えてきました。

しかし、考えを深めていくと、体の問題はすべて
自分の考えに関係しているということを教えてくれます。

そもそも私たちの考えに問題がなければ、
体は何も問題はありません。

体はどんな時も正常です。自分が意識しなくても
体が常にベストであろうと活動してくれます。
体が正常でなくなるのは、体に対して「こうあるべき」
「こうあるべきでない」という私たちの考えが出てきた時です。

「空腹を満たすべきだ」
「私は仕事のストレスを発散する必要がある」
「私はもっと幸せで満たされているべき」
といった考えを信じた瞬間、適度な食事を取るよりも
美味しいものをたくさん食べ続けることに
執着するようになってしまうのです。

私たちが、まず取り組むべきなのは
食事をコントロールすることではなく、
自分の体にまつわる考えに取り組むことなのです。

ストレスになる考えを信じていると苦しむ

食事の量や食べる早さを適度に抑えると何がストレスになるでしょうか?

「お腹が満たされない」
「熱いうちに食べないと美味しくない」
「この量ではまたすぐにお腹が空いてしまう」
というストレスな考えかもしれません。

しかし、実際には体がこうした状態になることはありません。
お腹には食べ物がちゃんと入ってます。
美味しくないからといって消化しないことはありません。
空腹でお腹が鳴ったりしません。
体は食べすぎるということがありません。

実際、私たちはお腹を満たしているのではなくて、
考えを満たしていることが分かります。
体は満たされているのに、
満たされていない考えに食べ物を詰め込んでいるのです。

どうしたら食べ過ぎないで済む?

考えを満たそうとすると何が起きるのかに気づく

自分のストレスになる考えを発散し、
満足させようとすると何が起きるのかに気づいてみましょう。

ストレスになる→食べ過ぎる→満足するの繰り返しで、
最後に残るのは不健康になった体です。

問題は食べ過ぎることではありません。
食べ過ぎてしまう引き金となっているストレスな考えです。

「私は幸せではない。もっと幸せになる必要がある。」
という考えが本当だと信じている限り、
私たちはストレスな考えを発散させようとして、
食べ続けることになります。

ストレスになる考えに対して問いかける

私たちは、ストレスを生む考えを紙に書き出し、
それが本当かどうか問いかけることで
苦しみを終わらせることができます。

そもそも体は勝手に正常になろうとします。
考えに問題がなければ、考えが体に沿った生き方をするようになります。

健康に気を使っていると食べられるものが限られてきてしまいます。
なぜなら、自分の好きなお肉も揚げ物もご飯も麺もパンも甘い物も
制限しなければならないからです。
そうすると、自分の食事がどんどん寂しくなっていくと感じるでしょう。

下記の事例では、コロッケが大好きだけど、いつも買うかどうか
内心葛藤しているAさんが、ストレスな考えに問いかける
ワークについて紹介しています。

ストレスな考えから解放されれば、食べることが自分に
何をもたらすかクリアに分かるようになっていきます。

スポンサーリンク

ワークの事例「私の食事は寂しすぎる」

(ワークシートを読んで)

「私の食事は寂しすぎる。本当はもっと美味しいものを
たくさん食べたいのに。健康のためだからと、
制限しなければならないことがイライラする。
一汁一菜なんて質素な食事で満足するはずかない。」

「私は、いつもスーパーで買い物をしているときに、
コロッケを買うかどうかで悩んでしまう。
コロッケは大好きだけど、一度買ってしまったら
食べることをやめられなくなってしまうから我慢している。」

「私の食事は寂しすぎる」ーーーそれは本当でしょうか?その考えが本当であると絶対に言い切れますか?

「いいえ。絶対にそうか?というと、そうではないです。」

「私の食事は寂しすぎる」ーーーその考えを信じるとき、どのように反応しますか?

「虚しい気持ちになります。美味しい食事を
お腹いっぱい食べられた時の感じを想像して、
コロッケを買えば満たされた気分になれると思います。」

「一方で、コロッケを食べちゃうと、
『体に良くないことをしている』という罪悪感を感じて、
買うか買うまいか葛藤します。」

「『もっとお金があったらここのコロッケを買わずに済むのに!』
ってイライラしてお腹がムズムズします。
なんだか叫びたくなる気分です。」

その考えを信じるとストレスになりますか?平和になりますか?

「ストレスです。」

「私の食事は寂しすぎる」ーーーその考えがなければどうなりますか?

「なんだか変な感じです。自分の中がスーッとするというか、
目の前がクリアになるし、肩も緊張してたんだなと
気づくくらい楽になる。呼吸もできるし、楽になります。」

ーーー食事に対してはどんな気持ちになりますか?

「食事に対しては何も感じない。ストレス・イライラはなくて、
ミンティア食べた時のような爽快感というか、
興奮しているというか、目が覚める感じがします。」

置き換え①「私の考えは寂しすぎる」

「『コロッケも食べられないような人生は寂しすぎる』
と考えていることです。あと、『体に悪いものを食べなきゃいけない』
と考えることは寂しすぎる。
お腹を満たさないと幸せになれないような自分の人生が寂しすぎる。」

置き換え②「私の食事は寂しすぎない」

「食べすぎることがないので、お腹いっぱいで
眠くなるようなことがありません。
あと、目の前の食事が美味しいことには変わりありません。
あと、健康に良いことは寂しいことではありません。
コロッケ以外の食事は全然良いです。(笑)」

置き換え③「私は私に対して寂しすぎる」

「『私の食事は寂しすぎる』という考えを信じていることで、
わざわざ自分で自分を苦しめていること。
あと、コロッケを食べた瞬間は美味しいけど、
あとは脂っこさが残るだけだから。」

「快感とか快楽を求めてしまうと、後で罪悪感とか虚しい気持ちに
なってしまうから。他には、コロッケ以外の食べ物は
とても美味しくて体に良いということに気づかなかったことです。」

「なんかすごい爽快感ですね。とても目が醒めるような感じがします。」

まとめ

  • 食べ過ぎてしまうのは、20分未満で早食いしてしまうから。
    ゆっくり、よく噛んで、味わって食べると満腹感が得られる。
  • ストレスを感じると空腹感を感じた時に出るホルモンと
    同じものが分泌される。気分転換やストレス解消に努めよう。
  • 食べ過ぎてしまうのは「考え」に執着しているから。
    まず取り組むべきなのは食事をコントロールすることではなく、
    自分の体にまつわる考えに取り組むこと。
  • 自分のストレスになる考えを発散し、満足させようとすると
    何が起きるのかに気づいてみよう。最後に残るのは不健康な体だけ。
  • ストレスになる考えに対して問いかけよう。お腹を満たさないと
    幸せになれないような自分の人生が寂しすぎます。

ストレスを生む考えが出てきたら、紙に書き出して問いかけましょう。
考えがクリアになれば、自然と何をすればいいか
自分の中から答えが出てきます。

考えに執着しなければ、食事が気にならなくなる自分に
気づくかもしれません。
「食べなければ!」と思っていた自分が
「食べなくても死にはしない」と考えるようになるかもしれません。

考えに対する問いかけの仕方については、
こちらの記事で紹介しています。よかったら読んでみてください。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 性格タイプ論『エニアグラム』とは?自己成長や対人関係改善に効果的
  2. 仕事のストレスを発散できない時におすすめするたった1つのこと
  3. ビリーフとは?その意味とストレスな考えを生むメカニズムを解説
  4. ビリーフチェンジをしないワークの効果と方法〜ストレスが自分を手放す
  5. ストレスの原因がわからない〜背後にある原因とその対処は?

関連記事

  1. 仕事・職場

    安室奈美恵さんの性格・生き方から学ぶ「自分らしさ」「自己信頼」の成功哲学

    日本を代表する女性歌手・ダンサーである安室奈美恵さん。10…

  2. 仕事のストレスで不眠になった時に私が心穏やかにいられた理由

    仕事のストレスで不眠になると、体の疲れが十分に取れず、次の…

  3. 仕事・職場

    「仕事のモチベーションが上がらない」気持ちをクリアにする方法は?

    仕事のモチベーションが上がらないとき、あなたは何を考え、ど…

  4. 対人関係

    上司へのストレス「認めてくれない」対処方法は?

    職場のストレスでよく話題になる上司と部下の関係、上司に…

  5. 対人関係

    あがり症を克服する根本的な取り組み方はビリーフから自由になること

    「あがり症」を克服したい人はたくさんいる人前に出ると思…

  6. ダイエットをストレスフリーに!痩せる前にスリムにするべきものとは?

    ダイエットをストレスフリーでやるには、無茶せず、自分に合った方…

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 対人関係

    「上司に評価されない」とやる気をなくしたときに自分に問いかけたいこと
  2. 対人関係

    分かり合えない親との問題を解消するには?親の承認から卒業しよう
  3. ダイエットをストレスフリーに!痩せる前にスリムにするべきものとは?
  4. 対人関係

    断れない自分とサヨナラするための方法は?健全なNOの言い方
  5. 対人関係

    別れを後悔した時どうすればいい?自分を大切にする3つのポイント
PAGE TOP