対人関係

別れを後悔した時どうすればいい?自分を大切にする3つのポイント

スポンサーリンク

パートナーと別れて一人暮らしに戻った自分。
新しい出会いを求めているけど、年齢を重ねて周りの環境も変わってきた。
出会いも昔ほどなく、ひとりになる時間が増えると
今までは気づかなかった感情がわいてきます。

もし、パートナーと別れたことを後悔する気持ちがわいてきたのなら、
どうすればいいでしょうか?
一刻も早く新しい相手を見つけるのがいいでしょうか?
あるいは、やっぱり別れたことは間違っていたと認めて、
相手との復縁を望むでしょうか?

後悔する気持ちがわいてきたら、行動に移す前に自分に問いかけてみると
良い答えが出てくるかもしれません。
相手との関係を作るにしろ、ひとりで居るにしろ、
自分を大切にしてほしいと思います。

やっぱり相手は自分に合っている?

別の人と付き合うことや自分一人になったことで、
今と過去を比べたときに、「やっぱりあの人は自分に合っていたな」
と気づくかもしれません。

付き合っていたときには気づかなかったけれど、
比較してみると相手の良いところが浮かんでくると、
気持ちは復縁に近くかもしれません。

確かに相手の良いところに気がつくのはいいことですが、
それで復縁というのは本当でしょうか?
そもそも別れる理由の方が強かったはずです。
自分は何を求めていたのかを思い出してみてください。

例えば、ひとりで居ることが寂しいという理由であったのなら、
そもそも別の人でも良いかもしれませんよね。
自分がひとりでいることの寂しさを埋めるために
他者を求めているとしたら、無事に関係ができたら
安心して満足してしまうこともあるのではないでしょうか?

欠けているものを埋めたら、満足して、
今度は他の欠けている部分に目が行くかもしれません。
すると、別の不満が出てくるかもしれないのです。

後悔には2種類あって、ひとつは「申し訳ないことをしたと思ったこと」、
もうひとつは「もったいないことをしたと思ったこと」です。

前者であれば、謝り、償うことを考えますし、
相手に求めることはありません。
後者は、損得勘定による気持ちで、相手に求めようとする考えです。

自分は何を後悔し、何を求めていたのか問いかけてみてください。

ひとりは寂しくて耐えられない?

ひとりで居ることが寂しくて耐えられないというのは、
とてもつらい気持ちですよね。

私は割とひとりでいても平気ですが、だからと言って
「ひとりぼっち」でいる感覚はつらいと思っていますし、
やはり誰かとつながっている感覚は安心や支えになりますよね。

ひとりになると分かることは、他者とのつながりが
自分を支えてくれているという感謝の気持ちです。
話し相手になってくれていたり、一緒に生活を共にしてくれたりと、
今まで当たり前だったことは、とても貴重なことだった
と気づかされるものです。

もし、ありがたい気持ちに気づかないまま一人でいることをやめると、
例えば、相手は自分にとっての”ぬいぐるみ”のようなものに
なってしまいます。
都合の良いときに抱きしめて寂しさを紛らわし、
満足すれば放っておきっぱなしです。

ひとりになったときに寂しさを感じたのなら、
自分自身に問いかけるきっかけになります。
「私はひとりでは寂しい。なぜなら、~だから。」
と理由をリストアップしましょう。

「自分を受け入れてくれる人が必要だ。」
「自分をサポートしてくれる人が必要だ。」
「甘えさせてくれる人が必要だ。」
「喜びを分かち合ってくれる人が必要だ」
「一緒に生きてくれる人が必要だ。」などのように。

スポンサーリンク

相手は自分に必要な存在?

リストアップすると、今まで自分にしてほしいと
他者に求めていたことが出てくるかもしれません。

それは、いかに相手そのものを見ていないか
ということを教えてくれます。

相手が自分に何をしてくれるかという考えで関係性を作ろうとすれば、
もし、期待していることをしてくれなくなったとき、
また失望し別れたくなるかもしれません。

相手にしてほしいと思うことは、言い換えれば、
自分にとって大切なことを実現する権利を
人に委ねてしまっていることになります。
自分の幸せを人に委ねてしまっているのです。

自分にはできないと信じることで、
自分で自分を不幸せにしてしまっています。
それは結局自分を大切にしないことになるのです。

お勧めするのは、相手にしてほしいと思ったことを、
自分で自分にしてあげることです。
自分で自分を受け入れ、自分で自分をサポートし、
自分で自分に優しくし、自分に対して精一杯ほめてあげる、
そして、ありのままの自分と共に人生を歩むことです。

もし、自分の中にある欠けた部分を埋め合わせようとして、
相手に期待することがあったら、本当にそうなのかと
自分に問いかけてあげてください。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 対人関係

    「聞いてない!」と上司に怒られる時、上司はあなたを恐れている
  2. 仕事・職場

    部下が辞める兆候に気づいて、部下との信頼関係を見直そう
  3. お金

    お金を返してくれない人には、お金を返してもらわない方が良い理由
  4. 知識・知恵

    エニアグラム タイプ6の「不安」って?不安を感じにくいタイプ6も含めて
  5. 仕事・職場

    仕事のストレスによる頭痛は3種類、痛みの要因や対処は?
PAGE TOP