その他

下町ロケットの軽部真樹男のような人が上司だったときの対処法は?

スポンサーリンク

日曜劇場「下町ロケット」の新シリーズが始まりましたね。
新しく佃製作所のメンバーとして登場している軽部真樹男(キャスト:徳重聡)の
役柄が話題になっています。

個性が強く協調性がなさそうにみえる、軽部真樹男のような人が
上司だったらあなたはストレスになりますか?
どうしたらいいかシュミレートしてみましょう。
第1話から読み取れる性格を分析して紹介します。

下町ロケット「軽部真樹男」の性格分析

出典:https://instagrammernews.com/detail/1868029832149277204

クールで輪の中から一歩引いていて孤立する

軽部真樹男の言動や態度や行動を観察してみると、
まず人とコミュニケーションを取ることに消極的で、あまり関わろうとはしません。
自分からは考えや気持ちを表現しないので、
周りから見ると何を考えているかわからない奇妙な雰囲気を発しています。

チームワークがあって協調的な佃製作所のメンバーの中でも協調せず、
一歩引いて孤立しても平然としています。
定時になると周りの目を気にせず退社してしまうのは印象的ですね。
実際に、プロジェクトメンバーである立花(竹内涼真)と加納(朝倉あき)は、
怒りや困惑を感じてしまいます。

挑発的な皮肉屋

立花が苦労して作った設計図を見ても、「野暮ったい」「やり直し」「話にならねえよ」
などと短い言葉で切り捨ててしまいます。
立花の努力に対して労いの言葉がないどころか「無駄な努力」という
挑発的な皮肉を言うだけ。

リーダーとしての意見やアドバイスを求めても、軽部真樹男は「スペック、スペックって、
うるせぇなぁ。どんだけスペックが高かろうが、予算内に作れなきゃ、
何の意味もないねぇんだよ。」と言い放ち、立花の怒りを買ってしまいます。

単純に軽部真樹男の表面的な部分だけを見ていると、
付き合いたくない嫌な奴だと思ってしまいますが、
嫌な奴かというと決してそうではないかもしれませんよ。

頭を集中的に使う知的な性格タイプ

ドラマの役柄なので、実際の性格タイプと同じになるわけではありませんが、
軽部真樹男のようなタイプの性格は、基本的に頭を集中的に使う知的な性格タイプです。

強烈なエネルギーを頭に集中させるため、その分、
感情はクールでドライになる傾向があります。
それはなぜかと言うと、自分では感情をうまくコントロールできないと思っていて、
その代わりに、思考の世界に退避することで感情に圧倒されないようにするためです。

これはこれで、ひとつの防衛反応なんですね。
決して悪気があってやっていることではなく、
これが軽部真樹男のような性格タイプの生存戦略なんですね。

物事を深く考え、本質を見抜く力がある

しかし、影の側面だけが表れるわけではありません。
頭を集中的に使う知的なタイプなので、物事を深く考え、本質を見抜く力があります。
常識や慣習を信じないため、固定概念にとらわれず、
革新的で鋭い観察眼を持つことができるんですね。

「どんだけスペックが高かろうが、予算内に作れなきゃ、何の意味もないねぇんだよ。」
というのは、軽部真樹男の言い方が良くないけれども、
プロジェクトの本質を見抜いた答えを表しているんですね。
それは、ドラマの後半部分、大森バルブとのコンペで明らかになっています。

ただ、考えることは得意なんですが、自己完結しやすく、
他者に対して伝える時は結論だけを述べて終わってしまう傾向があるので、
相手からすると意味がわからないと困惑してしまうことがよくあります。
(「え?それってどういうこと?」)

スポンサーリンク

軽部真樹男との付き合い方

感情的に反応しないこと

もし、軽部真樹男のような人が自分の上司や仕事相手だったらどうしましょう。
まず、軽部真樹男のようなタイプの人は、基本的に合理的でクールなタイプなのであって、
悪気があるわけでも意地悪なわけでもありません。

無駄な言葉をできるだけ省略して、結論や大事なことだけを口にするので、
感情的に反発しないようにするのがオススメです。

軽部真樹男は、挑発的で皮肉が入っているのでストレスが少し強い傾向ですが、
「ちゃんと考えればわかるでしょ?」と暗に言いたいだけかもしれません。

言われたことを一旦受け取って、その意味をよく考えてみるのが良いでしょう。
極端な話、相手は常に自分に対して深い問いを投げかけているのだと考えるんです。

要点を抑えて結論から話すと効果的

気持ちの交流は避ける傾向があるので、こちらから話すときも、
要点を抑えて結論から話すと効果的です。

自分の考えには自信を持っているタイプなので、
考えを否定せず尊重して、自分の意見をはっきりと伝えた方が良いです。

あと、気持ちを込めたコミュニケーションが苦手なだけで、
感情がないわけではありませんので、感謝の気持ちを伝えるのは良いことです。
受け取るのは上手ではありませんが、心にはちゃんと響いていますよ。

以上で、下町ロケット第1話から見る軽部真樹男の性格から、
どのように付き合ったら良いかについて分析してきました。
いかがでしたか?面白かったら嬉しいです。

ちなみに、これはエニアグラムの理論をベースに性格分析を行っています。
あくまでもドラマのキャラクターなので、正確に判明するわけではありませんが、
もし興味のある方は、下記の記事を合わせて読んで見てくださいね。

スポンサーリンク

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 知識・知恵

    イライラを解消する方法が見つからないときに見直したいこと
  2. その他

    下町ロケットの佃航平の性格や人柄は?もし自分の会社の社長だったら?
  3. 知識・知恵

    仕事のストレスを発散できない時におすすめするたった1つのこと
  4. 事例

    宇多田ヒカルさんの性格・生き方から学ぶ〜タイプ6「親からの自立」
  5. 食べ過ぎてしまうストレスの原因と対策の鍵は自分の考えと関係している
PAGE TOP