その他

下町ロケットの佃航平の性格や人柄は?もし自分の会社の社長だったら?

スポンサーリンク

下町ロケットの佃航平(社長)の性格・人柄を分析しました。
ドラマを見ている人の中には、「あ〜!もっと上手くやればいいのに、
どうしてそうあなたは不器用なんだぁ。」とヤキモキしてしまう人も
いるかもしれません。
そんな時は、キャラクターの性格や人柄について掘り下げることで、
ドラマを見る楽しみが増えるかもしれませんよ。

佃航平は「信じるものを求める人」

出典:https://www.instagram.com/p/Bm-DJc_FP5E/

佃航平は、子供の頃からロケットを飛ばす夢を追いかけて、そのまま技術者になった人です。
一度は、ロケット打ち上げ開発に携わりながらも、打ち上げ失敗によって
夢が閉ざされてしまいます。
しかし、佃製作所の社長になってからも、ロケットエンジン開発の夢を追い続け、
ついにはバルブシステムを完成させました。

夢を持ったとしても、これほどまでに情熱を持ち続けることができたのは、
佃航平が「信じるものを求める性格」だったからですね。
自分が信じた道を追い求めることができる人だったからこそ、
成し遂げることができたんですね。

こういった性格タイプの人は、想いが強く、とても一途です。
困難にもめげず、我慢強く前に進むことができる素晴らしい一面を持っています。

気をつける点は、信じるものを追い求めるがゆえに、猪突猛進になってしまって、
視野が狭く、柔軟性に欠け、頑固になってしまうところですね。

実際、佃社長の想いが強すぎるために、開発費を使い込んでしまったり、
開発のために従業員を疲弊させてしまうこともありました。
技術者全てがこういう経営をするわけではなく、
佃社長の性格が経営に反映されているんですね。

真面目で人情味がある人

基本的には、仕事熱心な人で、夜遊びで羽目を外したり、
危ないことはしない真面目なタイプですね。

遊びといえば、ボーリングの場面がよく出てきますが健全ですよね。

また、ルールや規制を破ってまで、何かをゲットしたり、
強引に成し遂げようとする経営でもありません。
基本的には、正攻法で勝負する性格です。

そして、人の気持ちや想いを大切にする性格です。
このドラマのクライマックスになっているのは、佃社長の人情味あふれる対応ですよね。
人の夢を大切にし、人の想いを大切にし、人を大切にする姿勢は、
ポイント・ポイントで現れていて私たちを感動させてくれます。
佃社長が豊かな感情を持っているからこそ、人の気持ちや想いも大切にできるんですね。

気をつける点は、真面目過ぎるがゆえに、リラックスできなかったり、
堅物で不器用になりやすいところですね。

例えば、交渉の場面などでは、なかなかスムースに話を進めることが難しいです。

また、人の気持ちを大切にすることが行き過ぎると、相手の言葉に揺さぶられてしまって、
自分の中にある軸(考えや信念)が揺らいでしまうことがあります。

スポンサーリンク

迷いや葛藤を抱えながらも諦めない人

佃社長は、困難な状況で決断を迫られる場面では悩みや葛藤を抱えやすい性格です。
それは、性格的に腹が据わった決断力のあるタイプではないのですが、
「どんな難問にも必ず答えはある」という信念の下、
最後まであきらめずに困難に対して立ち向かう姿勢を持っている点が素晴らしいですね。

迷いや葛藤を抱えるのは、物事のバランスを考えられる人だからですね。
クールで合理的な人は、例えば、リストラすることも厭わないだろうし、
反対に、人の気持ちばかり考える人は、冷静な経営判断を下すことが難しいでしょう。

バランスを考えるという点では素晴らしいのですが、気をつける点は、
バランスを取ろうとするあまり、決断を先延ばしにしたり、
自分では決められなくなってしまうことです。

経営者(リーダー)としては、正しかろうが間違っていようが、
しっかりと決断をしなければならない時がありますよね。

いかがでしたでしょうか?
こうして、ドラマに出てくるキャラクターの性格や人柄を掘り下げていくと、
より楽しんで見ることができますよね。
なお、この記事は、エニアグラムという性格分析の理論を活用して解説しましたので、
興味のあるかたは、こちらの記事についても合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク

保存保存

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 対人関係

    同棲のストレスを解消する〜彼女・彼氏との摩擦は生存本能が関係しているかも
  2. 知識・知恵

    エニアグラム診断テストの結果を鵜呑みにしない方が良い理由
  3. 山口達也さん(TOKIO)の飲酒問題から見る「ストレスとアルコール依存」
  4. 対人関係

    黄金律とは?その意味についてThe Workを実践してわかったこと
  5. 事例

    浅田真央さんの性格・生き方から学ぶタイプ6の「あきらめないちから」
PAGE TOP