対人関係

ふてくされる部下にどう接したらいい?イライラしなくてすむ接し方

スポンサーリンク

部下に向かって注意をしたら、まるで自分は悪くないと
言わんばかりで押し黙り、ふてくされてしまった。

ちゃんと仕事をしてほしいだけなのに、
言うことが伝わらずに悩む上司。

気を使って優しく丁寧に教えるようにしても、
仕事が捗らず、「これって甘やかしてるだけなんじゃないの?」
と疑問を抱くかもしれません。

結局、こちらの我慢も続かずに最後は強い口調で叱ってしまう。
「じゃあ、一体どうしたらいいの?」と
上司も分からなくなってしまいますよね。

ふてくされてしまう部下の心理は?

叱られるとふてくされてしまう人の心理は
どうなっているのでしょうか?

「自分は悪くないと思っている」、
「自分が責められていると感じている」、
「自分の思い通りにならずイライラしている」、
「自分の気持ちをわかってもらえていないと感じている」
などなど、色々出てきますが、あなたはどう思いますか?
よかったら、ふてくされてしまう部下の心理について
紙に書き出してみてください。

ふてくされてしまう部下との関わり方は?

ふてくされてしまう部下との正しい関わり方は何でしょうか?

「昔は、上司に叱られたり、怒られたりして部下は育ってきた。
けれども、今はそれでは部下は育たない。」
ということが推奨されています。

ふてくされてしまう部下と関わるために紹介されているのは
傾聴(アクティブ・リスニング)です。
まず、部下の気持ちを受け止めてあげて、
部下の中から答えを引き出したり、
アドバイスを求められては提供したりすることで、
部下が納得できるようサポートする方法です。

部下と関わる前に自分のマインドをクリアにする

傾聴(アクティブ・リスニング)といった
手段や方法を活かすためには、
使う人のマインド(思考や心)がクリアだとより効果的です。

傾聴もたくさんある手段の中の一つなので
絶対ではありませんし、自分の中がイライラした状態で使っても
なかなかうまくいきません。

むしろ大切なのは、自分の考えや気持ちが
クリアな状態になって相手と関わることです。

そして、その時ふさわしいと思った方法を活用しましょう。

ストレスを生む考えに問いかける

そのためには、自分が信じている
考えに問いかけることがお勧めです。
特にストレスを生む考えに問いかけるのはお勧めです。

取り組む考えは、例えば、先ほど挙げた
ふてくされてしまう部下の心理は良いですね。
「彼女(部下)は、自分が悪いと思っていない。」
「彼女(部下)は、自分が責められていると勘違いしている。」
といった感じです。
あるいは、先ほど紙に書いてもらった文章も是非問いかけてください。

スポンサーリンク

ワークの事例「彼女は、ふてくされている。」

下記の事例は、Aさんが正しい説明をしたにも関わらず、
面従腹背的な態度でふてくされてしまった
Bさんついて取り組んだAさんのワークです。

ーーー「彼女は、ふてくされている。」それは本当でしょうか?

「いいえ。彼の感情を想像しているだけだし、
ふてくされていると解釈しているだけで、
そう見えているだけで実際のことはわかりません。」

ーーー「彼女は、ふてくされている。」その考えを信じるとき、どのように反応しますか?

「面倒臭いと感じます。フォローしようと思いますが、
なんで自分がこんなことをしなければならないのかと
イライラします。」

「彼女との間で雰囲気が悪くなる恐れを感じます。
息がつまるし、頭の中で彼女との議論に入る感じでストレスです。」

ーーー「彼女は、ふてくされている。」その考えを信じることはストレスにつながりますか?それとも平和につながりますか?

「ストレスです。」

ーーー「彼女は、ふてくされている。」その考えがなければどうなりますか?

「呼吸が深くなります。彼女の言葉を聞いても
暗に責められる感じがしません。
彼女が言ったことに対して、ただ『ありがとう』と
言えばいいんだと思えます。」

「彼女がふてくされているかどうか
私は分かっているつもりになっていましたが、
そうではないと思えるようになります。」

置き換え①「彼女は、ふてくされていない。」

「彼女は自分の考えを述べているだけです。
あと、仕事を降りていないので、まだやる気はあると思います。
黙り込んでしまっただけで、『もうやらない』とは言ってません。」

置き換え②「私は、彼女に対してふてくされている。」

「彼女の態度を見て、『この人は大人気ないな』
と思いました。謙虚じゃない彼女に不満を感じました。」

「せっかく彼女にためにと思って言っているのに、
私の言葉を聞き入れてくれないことに対して、
たしかに私はふてくされていました。」

できるのは、自分がふてくされるのを止めること

私たちは、相手に対してふてくされていると
ジャッジしているけれど、実はふてくされているのは私たち自身です。

相手が自分の言うことを聞いてくれないと
膨れっ面になっているのはこちらなのです。

だから、私たちがやるべきことは相手に対して
ふてくされることを止めることです。

なぜなら、そうした方がクリアで良い感じがするからです。

実際、相手がふてくされているのを止めさせることはできません。
できるのは、自分がふてくされるのを止めることで
落ち着きと平和な感覚を取り戻すことです。

自分が大丈夫であれば、相手を責める必要はなくなります。
クリアな意識であれば恐れがなく相手と関わることができるはずです。
恐れがなく構えていなければ、相手も身構えを解いてくれます。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 知識・知恵

    思い込みをなくす方法〜あなたを目覚めさせる真実への問いかけ
  2. 事例

    [エニアグラム]タイプ9の有名人〜蛭子能収さん「孤独と自由を愛する生き方」
  3. 対人関係

    集団行動が苦手な人が学校で教えてもらっていないこと
  4. まとめ記事

    イライラする人への対処法〜心理・特徴・付き合い方など[まとめ記事]
  5. 仕事・職場

    エニアグラムで相性と仕事の関係〜自分らしい働き方を見つけよう
PAGE TOP