対人関係

話のネタで困ったら?ネタ切れにならないための6つの見つけ方

スポンサーリンク

人と話をすることが得意でない人は、相手と話をしようしても、
何を話したらいいのかわからなくて困ってしまいませんか?

今回は、話のネタ切れに困らないようなネタの見つけ方を
6つ紹介しますが、ポイントは自分が考えている事と
反対の所にヒントが隠れているので、それを見つけることです。

話のネタがないときは、共通の話題を見つけようとしないで、違いに興味を持つ

自分と相手との違いに注意を向ける

話のネタがなくて困ってしまうとき、
つい相手との共通点を探していないでしょうか?

相手と共通した話のネタを見つけなければ
会話が続かないというと、必ずしも本当ではりません。
むしろ相手のことが分からない方が自然です。

その状態で相手との共通点を頭の中で探そうとすると
ストレスになってしまいます。

一人一人は違う人間なので、
あえて共通の話題を見つけようとする必要はありません。

その場合は、自分と相手との違いに注意を向けてみましょう。
例えば、出身地の話であれば、自分が東京で、
相手が長野だったら、長野はどんなところなのか?と質問して、
相手の話を引き出すことができます。
長野の面白い所や東京との違った所などが現れてきますよね。
違いが話のネタになるんです。

相手の中の変化に注意を向ける

違いに興味を持つということであれば、
相手の中にある変化に注意を向けることもできます。
よくタモリさんの会話の例で紹介されていますね。
(「あれ?髪切った?」という例)

その人が普段と違うところに目を向けることで、
そこから話を深めていくことができます。

話のネタがないときは、知っていることでも敢えて口に出してみる

相手の話を聞いて、「それ知ってる」と思うことも出てきませんか?

私が失敗したなと思ったことは、
相手の話を聞いて自分が知っていたら、
「あぁ、あのことね」と頭の中で納得してしまって
そのまま何も言わなかったことです。

自分が知っていることであっても、あえて口に出して言ってみます。
「あぁ、長野ってお蕎麦が有名なんだよね。」って。

すると、相手が反応してくれるんですよね。
「そうそう、子供の頃から蕎麦ばっかり食べさせられたよ。」とか、
「うん、確かにお蕎麦屋さん多いよ。」とか、
「いや、長野県民は意外とそうは思っていないよ。」という風に。

すると、意外と自分が知らなかった話が出てきて
そこから質問することができるし、
自分の単なる思い込みだったという話をすることができる
可能性が出てくるんです。

話すことが楽しい人は、
知っていることでも口に出している印象があります。

話のネタがないからといって、沈黙は気不味い時間ではない

話のネタを探したくなる理由のひとつに
「沈黙が耐えられない」があります。

沈黙が気になってしまうのは、
「もしかしたら相手は機嫌が悪いのではないか?」
「話をしないと気不味い」「何か話さないといけない」
といった考えが浮かんで不安を感じているからかもしれません。

「沈黙=気不味い雰囲気」と受け取ってしまうこと
矢継ぎ早に話で間を埋めたくなることもあります。

実際には、沈黙しているとき自分はあれこれと
考えていると思いますが、相手が話さないのは
実は相手も考えているからです。

あなたの話に対して何を答えたらいいか考えているときに、
こちらから話を埋めにいってしまうと
逆に話がしづらくなってしまいます。

「待つ」ということで話が展開するのです。
相手に考える時間を与えてあげましょう。

話のネタがないことを正直に言ってみる

話したいのだけど本当に何を話していいのかわからないと
行き詰ってしまったとき、
「こういう時って何を話したらいいですかね?」
と一層のこと正直に言ってみたらどうなるでしょうか?

意外と笑っちゃいませんか?

「話のネタがない」ということをネタにしてしまうのです。
自分が自然体であればあるほど、
リラックスして話がしやすくなります。

逆に、相手にばかり意識を向けて話のネタを考えようとすると、
「わからない→緊張する」のスパイラルに陥ってしまうんです。

愚痴や相手への批判にならないように気をつけて、
自分の気持ちをオープンにすることで、
相手に安心してもらえるかもしれません。

スポンサーリンク

「興味がない」「意味がない」は本当?

何を話したらいいのかネタの範囲が極端に狭くなる

そもそも相手に興味が持てないとか
いわゆる一般的な雑談(天気、ニュースなど)をすることに
意味を感じられないと、何を話したらいいのか
ネタの範囲が極端に狭くなってしまいます。

自分が興味のあることだったら話ができても、
そうでないと途端に大人しくなってしまう。
相手は相手、自分は自分、違いに対して興味を持てなければ
知りたいとも思わない。

雑談だって、天気は見れば誰でもわかるし、
ニュースはテレビをつければ誰でもわかるから、
あえて話しても意味がないと思えば話は成り立ちません。
話をしたい人にとっては悩みの種です。

私の対処方法は「自分に問いかける」

私がよく自分に問いかけているのが、
「内容に意味がなければいけないというのは本当だろうか?」
という質問です。

「相手との話はこうでなければならない」
という自分の考えを信じていると、
話のネタがどんどんなくなっていってしまうとわかりました。

だから自分の考えに問いかけて、その置き換えを探求していきます。
(「内容に意味がなくてもよい。なぜなら…」というふうに。)

問いかけを通じて気づいたこと

まず、私が気づいたのは自分をオープンにすることです。
つまり、意味のないことを自分から口にすることです。

例えば、鼻歌を歌うようになりました。
すると「ご機嫌ですね」と言われるようになる。

あるいは、ひとり言を言うようになりました。
「あ~、お腹すいたぁ~。」というと、
相手が何だか安心しているのがわかります。

「興味がない」「意味がない」と頑なに自分を閉ざしていると、
かえってストレスになってしまいます。
相手も何を話していいかわからなくなります。

「この人は、あまり自分のことを話さないし、
何を考えているんだろうか?」と相手を不安に
させてしまうこともあるのです。

「興味がない」「意味がない」という考えが出てきたら、
「それは本当だろうか?」と自分に問いかけてみてください。

そして、その考えがなければどうなるでしょうか?
そもそも会話に興味や意味は必要ないかもしれません。
(なぜなら、交換するのは情報だけではないから。
気持ちの交換もあるから。など)

問いかけの仕方については、こちらの記事で紹介していますので、
よかったら参考にしてください。

まとめ

  • 自分と相手との違いに注意を向けてみると話が深まる。
  • 相手の中の変化に注意を向けてみると話のきっかけになる。
  • 知っていることでも敢えて口に出してみると
    意外と知らなかったことが出てくる。
  • 沈黙は気不味い時間ではなく、相手が考えている時間として
    待ってみる。
  • 自分の気持ちをオープンにすると相手が安心する。
    (愚痴や相手への批判に気をつけて)
  • 「興味がない」「意味がない」という考えに対しては
    「それは本当だろうか?」と問いかける。
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 恋愛の悩みでありがち11選〜彼氏・彼女に対するストレスと対処[まとめ記事]
  2. イライラする人への対処法〜心理・特徴・付き合い方など[まとめ記事]
  3. 親へのストレスで鬱(うつ)を防ぐ・解消する[まとめ記事]
  4. 「言った!言わない!」の水掛け論の悩みに役立つ[まとめ記事]
  5. 上司が嫌い!会社がストレス!で悩んだとき〜ケース別まとめ[まとめ記事]

関連記事

  1. 対人関係

    話を聞かない人(老若男女)の話を、実は聞いていないという話

    話を聞かない人というのは、男女・親子・上司部下・彼氏彼女・…

  2. 対人関係

    余計なことを言ってしまう癖を直したい!余計なことを言わないトレーニング

    思わず余計なことを言ってしまう癖は、相手との関係を悪くしてしま…

  3. 対人関係

    あがり症を克服する根本的な取り組み方はビリーフから自由になること

    「あがり症」を克服したい人はたくさんいる人前に…

  4. 対人関係

    性格分類論を活用してモヤモヤをすっきりさせるための5つのポイント

    本人の性格は本人が一番よく知っているつもり。でも、実際に「…

  5. 対人関係

    「孤独感は寂しい」は本当?ひとりぼっちから自由になるためには?

    孤独というと「ひとりぼっちで寂しい」というイメージがあるか…

  6. 対人関係

    理不尽な人との付き合い方は「現実との付き合い方」にある

    理不尽な人に対して、私たちは、何とか冷静になって相手を正そうと…

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 知識・知恵

    都会の人が愛媛県の人と比べてストレスオフに取り組むのが難しいのはなぜか?
  2. 知識・知恵

    ストレスチェックが無料で簡単にできる「ライフイベント ストレスチェック」
  3. お金

    お金の意味を理解して上手に付き合おう!〜稼ぎたいストレスを抱える人へ
  4. 対人関係

    上司へのストレス「認めてくれない」対処方法は?
  5. 対人関係

    上司に「嫌いだ」と言われたら、嫌われないようにするのをやめよう
PAGE TOP