対人関係

部下への指導がストレス「言われたことをやってくれない」対処法は?

スポンサーリンク

部下が思うとおりに育ってくれないというのは、
多くの上司や経営者が抱えるテーマです。

多くの人は、「自分ができたのだから、他の人だってできるはず。」
という考えを持っています。
やるべきことや心得えておくことを教えれば、誰だってできずはずと思うのです。

しかし、現実は自分が思っていることとは全く違う理由で起こります。
仕事をする姿勢が、無責任で、主体性がなく、ビジョンや目的意識もない
部下たちに対して、上司や経営者は困惑するでしょう。

昔のような厳しく、スパルタな教育方法は時代的に通用しなくなり、
部下の主体性を引き出す奉仕型の育成方法が主流になったとしても、
育成のしかたの情報がたくさんあるのに、
現実には部下の育成について悩みのタネやストレスはつきません。

部下の指導について、上司や経営者がどんな悩みを持っているか聴くと
「言われたことをやってくれない」「言われたことしかやらない」の他、
様々な言葉が返ってきます。

部下の問題を解決しようとする前に、自分の考えをクリアにすること

部下の育成の問題というと、つい部下のことばかりに目がいってしまいます。
しかし、問題があるのは部下なのだから当然だというのは本当でしょうか?

思考がクリアであれば、自分が何をするべきか悩むことはありません。
まずお勧めすることは、部下の問題を解決しようとする前に、
自分の考えをクリアにすることです。

自分の思考がクリアでなければ、部下の問題を強く意識しストレスを感じます。
その状態で彼を変えようとアドバイスし、管理します。

しかし、それは良い指導と言えるでしょうか?
上司が部下を見ていると同時に、部下も上司を見ています。
この人は、信用できるのか?この人の言っていることは正しいのか?
そして、実際に上司の言っていることとやっていることに矛盾があれば、
部下は上司を疑い、上司の言葉に耳を素直に傾けなくなります。

いくら正しい育成方法があったとしても、
お互いがネガティブな意識で関わっていて育成がうまくいくとは思えません。

スポンサーリンク

実際に、問題を抱える部下を持つ上司や経営者が、
自分の考えについて問いかけをしていくと面白いことがわかります。
部下に対して「言われたことをやってくれない」とストレスを感じていた上司が、
実は部下から言われたことをやっていなかったことに気づいてハッとするのです。

他にも、部下の態度に主体性がなく「言われたことしかやらない」と悩んでいた上司が、
部下の話を聴こうとする姿勢(主体性)がなかったことに気づいて考えがクリアになるのです。

部下に問題があるという考えを信じていると、
自分の考えがクリアでなくなるという問題がおきます。

ですから、いつの時も相手について問題だと思っていることは、
自分の考えについての問題なのです。
部下に対する考えに対して問いかけ、自分の思考をクリアにしましょう。
上司や経営者がクリアな状態で、正直に、そして誠実に関われば、
自然と部下も応えてくれるようになります。

自分をストレスにする考えをビリーフと呼んでいます。
是非ビリーフを紙に書き出し問いかけて、頭をクリアにしましょう。
そうすれば、部下との適切な関わり方が見えてくるはずです。

無能な部下に悩む上司についてのワークは、こちらの書籍が参考になります。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

最近の記事

アーカイブ

  1. お金

    株式投資で失敗した人から学ぶ〜後悔しないために必要なことは?
  2. 対人関係

    怒られるのが怖い人が、恐れから解放される「問いかけのちから」とは?
  3. 仕事・職場

    「仕事のモチベーションが上がらない」気持ちをクリアにする方法は?
  4. 対人関係

    子供の性格は遺伝?親の育て方?子供への心配から抜け出す方法
  5. 対人関係

    仕事(ビジネス)で「言った・言わない」クレームになってしまう理由はコミュニケーシ…
PAGE TOP